Note

窃盗事件について(1月14日発生)

先月(2016年12月)は珍しく泥棒被害がありませんでしたが、年が明けたらまた泥棒たちが活動を始めたようです。

1月14日未明に関西の大工氏宅温室に泥棒が入り、相当数のハオルシアが盗まれたということです。

大工氏は万象・オーロラの育成者として知られ、多くの優良ハオルシアを育成しています。またつい数日前にはカクタスニシから万象・玉扇を大量に買ったのだそうですが、それらもすべて盗まれてしまったということです。犯人はこれを知っていて、それを狙った可能性もあります。

被害の詳細は判りませんが、いずれにしろ、泥棒がまた活動を始めたわけですから、防犯対策を再確認してください。

テレビ放送のお知らせ:2016年11月24日(木)

テレビのニュース番組にてハオルシアが取り上げられます。放送予定は以下のようになっています。

11月24日(木)午後5時35分~
テレビ朝日

「スーパーJチャンネル」
特集コーナー「追跡!真実の行方」



盗難事件絡みではありますが、中国での人気ぶりの映像や、日本の愛好家クラブでの熱気あふれるセリ会の様子、原産地の自生状態、家庭内の居間や台所に飾られたハオルシア等、非常に幅広い内容になるということです。

概ね全国放送ですが、関西、北陸、静岡など一部地域では放送されません。

視聴可能な方は是非ご覧になってください。

interiorbr

interiorer

interior1r

山本氏温室に泥棒

11月6日(日)午前1時頃、万象の育種家として有名な静岡市の山本氏温室に泥棒が入りました。幸い防犯装置が作動してすぐ侵入に気がついたので、泥棒は抜いた万象の苗6~7本を現場に残し、何も取らずに逃走しました。防犯カメラの映像から、この犯人は先月の實方氏温室に侵入した犯人に似ており、服装もほぼ同一ですので同一人の可能性があります。

 山本氏温室は2階のベランダにあり、地上からは6m以上あります。しかし泥棒ははしごも使わずにベランダまでおそらく樋を伝わって登り、犯行に及んでいます。見つかって逃走する際にも樋を伝って素早く降りたと思われます。

 これらのことから泥棒は窃盗の本格的なプロと思われ、先月の大阪や名古屋の事件でも犯人は1階車庫の上にあった温室に侵入していることから、これらの事件も同一人の犯行の可能性があります。窃盗のプロですと2階、3階のベランダや屋上に温室がある方でも侵入される可能性が十分ありますから、早急に防犯対策をお願いします。

自宅のベランダや屋上なら、温室内に人感センサーを設置し、人を感知すると親機のチャイムや音楽が鳴るものを準備し、親機を自宅寝室内、または寝室に近い場所に設置するのが有効です。このタイプならインターネット接続は必要なく、さらに電池式なら配線工事も不要ですので、安価で迅速に設置ができます。もちろん監視カメラがあればさらに強力な防犯対策となり、画像から犯人の特定にもつながります。

人感センサーの場合、温室内の人感センサーから寝室の親機まで電波が届くかどうかは確認する必要があります。建物が鉄筋コンクリートなどですと寝室まで電波が届かない場合もありますが、その場合は親機を電波の届く窓際などに置き、そこから寝室に電波を飛ばしてチャイムを鳴らすという製品もありますので、ご検討ください。

なお、今回の事件は同日(6日)に富士宮市であった富士多肉植物愛好会のセリ会に関連があり、前回の大阪、名古屋の事件も和歌山であったセリ会に関連があると思われます。つまり犯人はこれらの会に出席し、ついでにその近くで、または帰り際に犯行を重ねているものと推測されます。被害者がこれらの会に参加するために自宅を留守にする場合のあることも計算しているのでしょう。ハオルシア関係の大きなイベントがある場合、その周辺の方は特に注意してください。

またこれまでの事件ではほとんどの場合、2人組以上の犯行だとわかっています。実行犯は一人でも、近くに停めてある車の中で別の一人が待機して見張りをしていると思われます。この見張り役兼運転手がハオルシア仲間に顔を知られている人物で、素知らぬ顔で栽培家を訪れ、温室の場所を確認したり、どこに高額品があるかなどを下見している可能性があります。そしてこの人物がプロの実行犯に指示して犯行を重ねていると思われます。日本人栽培家と一緒の場合でも、外国人が自宅や温室まで来ることは断った方が安全です。

緊急警報 窃盗団来日中

 10月9日早朝、大阪府の趣味家温室に泥棒が入り、温室内にあったハオルシアの苗すべてが盗まれました。恐らく1本数百万円はしたであろう万象優良品種(未命名、未繁殖)などもあったそうですが、すべて(推定約250本)盗まれたということです。被害額は5千万円はくだらないと見られます。

 この方の温室は自宅ガレージの上にあり、外からははしご等がないと入れず、かつ外人はもちろん、日本人もほとんど温室に入れてないということです。またこの日は和歌山でカクタスニシ祭りがあり、被害者はそこに出席して近くのホテルに泊まりましたので、被害を知ったのは翌日の京都大会の後、自宅に戻ってからでした。犯人は相当良くこの辺の事情を知っており、かつほとんどの人は自宅の場所も知らないのに手際よく盗みだしているところから、非常に良く下調べをしての犯行のようです。

 さらに10月12日には名古屋市の趣味家温室に泥棒が入り、玉扇、万象の親株中心に置いてあったハオルシアをすべて盗まれました。推定約400本、被害額推定1億2千万円以上と思われます。ここも未命名、未繁殖の大苗が中心で、1本数百万円はすると思われる株がいくつもあったので、大きな被害となりました。
この方も大阪府の被害者同様、ガレージの上に温室を置いてあり、外からははしご等がないと入れない状態でした。また大阪の方同様、ほとんど人には見せてないそうです。

 今回の2事件は同一犯人と思われ、これまでの犯行グループとは別の窃盗団ではないかと思われます。これまでの窃盗団は日本(恐らく東京周辺)に根城があり、月1回くらいのペースで犯行を重ねていますが、今回の2事件の犯人は短期旅行者ではないかと疑われ、帰国までの短期間に集中して犯行を重ねる恐れが高いです。特にこれまで被害にあってない趣味家で、自宅横や自宅(車庫)2階に温室があって、そのため防犯体制がほとんど取られていないような温室が狙われています。自宅近くであれば人感センサー付き防犯ベルなどで十分ですから、緊急に対策を取られることをお勧めします。

 また今回の犯人がどうやって被害者の情報を手に入れたかも疑問ですが、カクタスニシ祭りで出品物を見てその方のコレクションレベルを知り、事前に入手していた同好会名簿などの住所から現場に行ったものと思われます。最近の事件は皆自宅横などの温室が狙われており、自宅近くであるがゆえに防犯体制が手薄のところを狙われています。

 カクタスニシ祭りなど、外人バイヤーがたくさん集まるセリ会では値よく売れますが、同時に泥棒達には格好の情報収集の場となっていることにも留意してください。今回の2事件の犯人はおそらくカクタスニシ祭りで情報を収集しています。

實方氏宅温室に泥棒

 横浜市戸塚区の實方氏(当会会長)宅温室に10月2日未明(午前2時頃)泥棒が入り、玉扇の大株を中心に約200本、推定時価1000万円相当が盗まれました。特に敦盛は親株と繁殖中小苗10本余りがすべて盗まれたそうです。

泥棒1泥棒2

泥棒3泥棒4
【犯人画像:防犯カメラ動画より切り出し】


敦盛の小苗など、棚下で通常気がつかないはずの小苗も見逃さずにすべて持って行ったところから、犯人は玉扇、特に敦盛が好きで、かなり頻繁に實方氏温室を訪れ、どこに何があるかよく知っている人物と思われます。

 實方氏温室は自宅敷地内に3棟あり、その内北東側(山側の自宅から遠い方)の温室が被害に会い、そこにあった玉扇が盗まれています。犯人はその後東南側(山側の自宅に近い方)の温室に移動し、そこで入り口網戸を外して侵入しようとしているところを防犯カメラに捉えられています。

 そこには人感ライトがあり、犯人に反応して点灯している中で10秒ほど網戸を外すなどの作業しています。外した2枚目の小さな網戸を物置の裏側に置いたところで何か(實方氏にかかってきた電話の呼び出し音か?)に気付き、温室横に置いてあった盗品を入れたと思われる黒い四角いカバンの取手を持って持ちあげ、そのまま逃走しています(動画参照)。

 この頃、防犯カメラの動体検知に気付いた管理者から實方氏に電話があり、實方氏は電話を持ったまますぐに雨戸をあけて温室を見たところ、人感ライトはまだ点灯していましたが、犯人の人影は見えなかったそうです。この人感ライトは5分点灯ですから、實方氏が雨戸を開けた時ライトが点灯していたということは、その時は犯人がこの温室の前に来てライトが点灯してから5分は経っていなかったということになります。
侵入、および逃走経路は物置の裏側、隣家の庭からと思われます。玄関前の別カメラに写っている道路の映像にはこの時間帯には人や車は全く写っていないので、駅方向に向かって逃走したと思われます。


【防犯カメラに録画された映像】
上記が試聴できない方はこちらから 防犯カメラ動画 (MP4形式)

 動画は實方氏の東南側温室に入ろうとして網戸を外す作業をしている犯人の映像です。
この犯人の映像に心当たりのある方はinfo@haworthia.net までご一報ください。
また参考までに大久保氏温室に4回目に侵入した犯人の映像も掲出します。

大久保温室泥棒
【大久保氏温室で植物を盗みだしている犯人達。棚トンネルを切り開けて作業している。
1カ所しか切り開けていないので、高額品がどこにあるか良く知っていたものと思われる。
右奥に侵入時に開けた穴の垂れ下がったビニールが見える。】


 實方氏自宅にはいくつもの防犯カメラが設置してありますが、犯人はカメラの死角になっている物置裏側の隣家庭から侵入し、やはりカメラの死角になっている山側温室の後ろ側を移動して北東温室に侵入し、そこでカメラに検知されることなく200本ほど盗み出しています。犯人は相当周到に下見をし、防犯カメラの死角を研究しています。

 防犯カメラをすべての場所に死角なく設置するのは費用的になかなか困難です。そこでカメラの死角には人感センサーを設置し、死角の穴をふさぐようにしてください。温室内にも侵入が予想される場所の近くに必ず置くようにしてください。人感センサーはカメラよりずっと安価ですし、また夜間は誤作動も非常に少ないので、お勧めです。ただし昼間は温室内の温度が上がると上昇気流にむらができるので、しばしば誤作動します。


 なお、7月に捕まった田振群被告ですが、9月末に判決があり、懲役2年6か月、執行猶予4年、強制退去処分ということで決着しました。田はこの時だけ臨時で集められた実行犯のようで、従属的立場であり、他の事件には関与しておらず、また現行犯ですから当然ですが犯行を認め、共犯者(この時逃げた男)の名前なども白状しているので執行猶予がついたと思われます。

 ただし田が白状した共犯の男は警察が手配した時にはすでに出国して中国に逃げ帰っています。中国の警察はハオルシア盗難事件には全く非協力的で、日本の警察の問い合わせにもほとんど答えをくれないそうです。したがって中国に逃走してしまえば捕まえるのはほとんど無理ではないかと思われます。田も判決後すぐ強制退去(強制送還)手続きが取られたと思われますから、この時の犯人は2人とももう国内にはいないことになります。
 

 4月に捕まった中島氏温室事件の鮑被告ですが、10月3日に静岡地裁富士支部で第2回公判があり、検察側証人の富士宮署鑑識課の鑑識員と県警本部の鑑識課鑑識官(県警鑑識課のトップ)の2名が出廷し、指紋採取時の状況について証拠調べが行われました。こちらは鮑が犯行を否認していますので、指紋などの証拠の信用性が重要になるようで、どのように指紋を採取し照合したかなどが慎重に調べられました(午後1時半から始まって同5時過ぎまでかかりました)。

 次回は10月26日午後1時15分からで、防犯カメラ映像の解析を行った映像専門家が証言する予定です。なお、鮑は犯行を否認しているので当然ですが、まだ勾留されています


☆コメントは承認後に公開されます。
☆品種等の質問はハオルシア協会会員に限定します。

Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Comments
  • ライブドアブログ