「さくら貝」は『多肉植物ハオルシア』(日東書院本社)の中で紹介されたシンビ系(H. compacta)の新品種で、春~夏には外葉が鮮やかなピンク色に染まるのが特徴です。
一般にハオルシアの赤色はくすんでいたり、茶褐色がかることが多いのですが、この品種はくすみのない、きれいなピンク色になることが特徴です。

 この個体は東ケープ州Grahamstown東の産地から輸入した10個体から選抜した1個体です。同じ産地の他個体はいずれも一般的なシンビ系と同じく、葉先が茶褐色がかった薄ピンクになる程度ですが、この個体だけは非常にきれいなピンク色に色づくので、新品種としました。
色がさめているときは非常に白肌なので、これがきれいなピンク色に色づく原因なのでしょう。
 
 ところで最近ヤフオクで「さくら貝」と称するシンビ系植物が売られていますが、「さくら貝」はまだ1本も外部に出ていません。したがってヤフオクで売られている「さくら貝」は明らかに偽物です。だまされないよう、注意してください。

すでに2回出品・落札されており、その都度出品者に警告しているのですが、それにもかかわらず3回目が出品されているので、これ以上被害者が出ないよう、注意喚起する次第です。