4月20日(日)に開催されましたハオルシアフェスタ2014は盛況のうちに終了いたしました。
昨年より参加者は50名ほど増え、約200名超の多数のご来場を頂きました。

出店は13卓(昨年は10卓)、出店者ごとに販売苗に特徴があり、原種中心の卓、また玉扇・万象中心の卓、交配種なども幅広く販売する卓など多様でしたが各卓共に売れ行きも全般に好調でした。
人気のある原種はすぐに売り切れになり、玉扇・万象の小苗も非常に多数の販売数があったようです。
愛好者の層には原種中心にコレクションする層、玉扇・万象の有名品をコレクションする層と二通りの中心層があるのが見て取れました。
出店もこの両層に分散しているようなので、いずれの層にも満足して貰えるイベントとなったかと思います。

kaijyo-2014-4-20

品評会は出品者29名(昨年は19名)となり、出品総数114点(昨年は79点)を数え、非常にレベルの高い作品が集まり壮観でした。世界一の品評会という名を冠しても恥ずかしくない高レベルの展示会と言えるでしょう。
優良作品(入賞作品)はハオルシア研究誌で順次紹介予定です。
金賞・銀賞・銅賞作品は以下となります。

【金賞】 ’チョコラスィート’
金賞 チョコラスィート

【銀賞】 ’裏般若’
銀賞 裏般若

【銅賞】 ’老川黒’(コンプト)
銅賞 老川黒(コンプト)

※その他の出展作品は後日また別途UP致します。

これだけの作品が集まると入賞もなかなか難しくなってくると思います。従って入賞は高い名誉となり、栽培や育種に力を入れる趣味家が増える好循環となるのではないでしょうか。実際参加者より「来年は出展してみたい」「出展作品を1年掛けて作っておこう」という声も聞いています。入賞を目指して栽培することは大きなモチベーションになりますし、それによってハオルシア人気も更に高まる事でしょう。

今年は初の試みとしてバックライト装置を設置し一定の効果がありましたが、改善の余地がありますので次回は改良の予定です。

セリ会は出品者9名(昨年と同じ)でした。出品者の増加が望ましいですので、出品できる苗をお持ちの会員の方は来年度は是非出品をお願いします。参加者増加につながる工夫も協会の方で検討して行きたいと考えております。

懇親会の参加者は14名で、なかなかの盛り上がりを見せました。また、当日の会場では参加者同士での交流も盛んで購入品を見せ合う、持ち寄った苗を交換する等も盛んに行われていました。
そこで来年は交流の場として使用できるようなスペースを設けることを検討しています。

会場は交通アクセスも良く、ホテル併設であるため宿泊も便利で好評でした。来年も同会場での開催を予定しています。

本年度のハオルシアフェスタの総括は以上となります。
まだ2年目の催しであり、色々と改善点やご意見・ご提案もあるかと思いますので、会員の皆様、会員外でもご参加いただいた皆様、感想やご意見がありましたらぜひお寄せ下さい。

出品者・出展者の皆様、またご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
来年度もまた今年以上の盛り上がりとなるよう準備を進めて行きますのでご協力の程よろしくお願いします。


※その他の出展作品の写真を現在まとめております。出来次第ご紹介致します。