ハオルシア研究の29号の発行が遅れております。度々申し訳ありません。

今回は投稿記事が多く、また海外投稿も2件あり大変充実した内容となる予定ですが、その為編集作業に時間が掛かっております。内容の濃い会報をお送りするべく努力しておりますので何卒ご容赦ください。

取り急ぎ記事内容の目次だけ先にお知らせいたします。

【ハオルシア研究 29号 目次(予定)】

表紙 : 紫虎(万象)
P.2 : 銘品紹介(写真6枚)
P.3 : 韓国の万象(海外投稿写真6枚)
P.4~7 : H. bobiiとその近縁種(新種記載)(一部海外投稿)
P.8~9 : H. bobiiの変異と育種(投稿)
P.10~12 : 韓国のハオルシア(海外投稿)(主に写真、12枚)
P.13 : 新刊紹介(ハオルシアアカデミー写真集)
P.14~19 : ブラックベルデアナグループ
裏表紙 : オブト類の全斑/糊斑(写真6枚)

以上の予定となっております。発行期日が定まりましたらまたお知らせします。


*********************************************************

【ハオルシア品種名総覧について】

国際多肉植物協会のホームページにて、「ハオルシア品種名総覧」が紹介されております。
当協会だけでなく、国際多肉植物協会からも購入できます。

上記にて、

「国際栽培植物命名規約(ICNCP)を準拠にして作成され、毎年加速度的に増えるハオルシアの名称(和名)を、林 雅彦氏の尽力により整理した初めての本格的な品種名一覧リストです。今までの品種の再確認や和名の重複をさけるなど、皆様の指南の書としておすすめです。日本ハオルシア協会 会報誌 Haworthia Study の特別号として発行されましたが、学術的な面だけでなく国内のハオルシア園芸の歴史や現状の解説や見やすい一覧表など、一般の方にもわかりやすい内容に仕上っています。

と紹介されておりますが、ハオルシア栽培者には必携の一冊と思います。やや高額の本ですので購入を躊躇われる向きもあるかと思いますので、内容紹介のページをUPする予定です。