stayneri ex hort  D=5 (一般に流通している株とはやや異なる。)
写真1  H. stayneri ex hort  D=5 (一般に流通している株とはやや異なる。)

H. stayneri (写真1) はいまだ群落が再発見されていない植物のひとつで、類似種もほとんど知られていません。半透明なすりガラス状の三角窓とやや硬い葉質からは、この植物が軟質葉のH. gordonianaなどより、むしろLapis系のH. addoria n.n. 等に近いことがうかがえます。

またH. stayneriの産地(Port Elizabethから22kmのUitenhage (ユーテネイクと発音。”h”は無声音)に至る道路上)からAddoまでは約30kmなのに対し、H. gordonianaの産地まではおよそ80kmもあります。H. stayeriが産地的にもH. gordonianaよりH. addoriaにより近いことは確かです。

ところで最近H. stayneriの産地から数十キロ東でH. stayneriに似た植物が見つかっています。Breuerの“Book-2” (p. 63) にも紹介されているH. gelatina n.n.ですが、“Book-2” では写真が小さくて特徴が良く分かりませんので、大きな写真を紹介します。


 gelatinea  IB 8505, Coega Kop (Photo by Breuer)
写真2  H. gelatinea  IB 8505, Coega Kop (Photo by Breuer)

写真2 はBook-2掲載写真と同じものですが、大きな写真で見るとすりガラス状の半透明窓の特徴がH. stayneriと非常によく似ていることがわかります。葉先はより尖っていますが、その分、窓はより大きく、葉全体の1/3が窓です。葉先には葉脈も鋸歯も全くなく、凍ったゼリーのような感じがするので、"gelatin” と名付けられました。


5
写真3  H. gelatina  12-170-1 = IB 8505  Coega Kop  D=7.5

5
写真4  H. gelatina MH 12-170-2 = IB 8505  Coega Kop  D=3.5

写真3と4はわたしが昨年Breuerから入手した株で、鋸歯の大きさや窓の葉脈の様子が異なるので別個体と思われます。これらはまた写真2の個体とも異なります。いずれもH. stayneri 似の、あるいはそれ以上の美種です。ただ写真のデータにある通り、あまり大きくはないので、大型化が今後の課題です。


  MH 12-136  D=7
写真5 H. sp. nov.  MH 12-136  D=7

なおH. gelatina の産地の北、約50kmから80kmにかけてはH. gelatinaH. addoriaに関係する未記載の美種がいくつも存在しています。いずれもあまり大型ではなく、かつほとんど知られていませんが、極めて美しい仲間です。そのほとんどはBreuerの本にも載っていませんので、その一つを写真だけご紹介します(写真5)。この仲間は現在研究中ですので、もう少し様子が分かりましたら改めてご紹介します。


Dr.M.Hayashi