培養変異 H. joubertii の場合

H. joubertiiの産地はLaingsburg の東南約40 kmのVleilandやその周辺で、大カルーと小カルーの境目にあたります。群落は非常に小さく、10~20 m四方の中におおよそ50個体ほどがまばらに生えており(現地写真)、このような群落が5~10 km程度ずつ離れて3ヶ所ほど確認されています。ただし探せばそれらの中間にも小さな群落の有る可能性はあるでしょう。

現地写真 H. joubertii MH 03-300 Vleiland
現地写真 H. joubertii 03-300-3  Vleiland


レース系の中でも最も美しい種の一つですが、同時に最も変異の大きな種です。ハオルシア研究25号に紹介されたような変異はすべて同じ群落(Vleiland)からの実生苗ですから、種内変異というより群落内変異が大きいと言えます。

これはこの種がおそらくH. limbataとH. albispina(またはH. scabrispina)などの雑種起源の種で、種が成立してから日が浅く、まだ群落内 (種内) が遺伝的に均質になっていない、つまり祖先種の遺伝子が群落内でまだ十分混ざり合っていない、ことを示しているものと思われます。

したがって実生するとH. albispinaのような強刺でやや白肌の個体から、H. limbata のように黒肌で気泡紋のある個体、およびそれらの形質がさまざまに混じり合った個体などが出現するわけです。

 

このような種は遺伝的に必ずしも安定ではないので、培養すると同一クローンでもさまざまな培養変異が出現します。

写真01 H. joubertii  03-300-3  Vleiland写真02 H. joubertii  03-300-3  Vleiland
写真01                       写真02

写真03 H. joubertii  03-300-3  Vleiland写真04 H. joubertii  03-300-3  Vleiland
写真03                       写真04

写真05 H. joubertii  03-300-3  Vleiland写真06  H. joubertii  03-300-3  Vleiland
写真05                       写真06

写真07  H. joubertii  03-300-3  Vleiland写真08 H. joubertii  03-300-3  Vleiland
写真07                       写真08

写真09 H. joubertii  03-300-3  Vleiland写真10  H. joubertii  03-300-3  Vleiland
写真09                       写真10

写真11 H. joubertii  03-300-3  Vleiland写真12 H. joubertii  03-300-3  Vleiland
写真11                       写真12

写真13 H. joubertii  03-300-3  Vleiland写真14 H. joubertii  03-300-3  Vleiland
写真13                       写真14

写真15 H. joubertii  03-300-3  Vleiland
写真15

写真1~15はH. joubertii Vleiland  MH 03-300-3 の培養苗です。これらの写真は特に変異の大きな株を集めたものではなく、たまたま1カゴ(24鉢入り)に入っていた株を適当に写したものです。すべて同一クロ-ン(ラメート)ですが、写真で見る通り、非常にさまざまな変異が確認できます。

例えば写真1, 5, 7, 9 などは標準株(親株)よりかなり短葉で、そのうち写真5、9 は刺も短くなっています。反対に写真3や15はかなり長刺です。一方、写真10や13のように非常に弱い刺の株も出現します。さらに写真5, 8, 11, 12, 13 は標準の明緑色ではなく、暗紫色の葉色をしています。

このような培養変異がどの程度安定しているかですが、これまでの培養例からするとかなり安定した変異だと考えられます。また同一クローンでも変異した株の間では交配可能だという報告もあり、今後確認する予定です。

なお、これらの写真はUPで撮っているので、H. joubertiiがH. setataやH. albispina、H. limbata、H. phelemanniae 等、周辺のどの種とも異なる特徴をもった独立種であることが明瞭に理解できることと思います。

Dr. M. Hayashi

 

 

H. rava

この植物が最初に紹介されたのはBayerのHaworthia Update 1 (2002) の53頁、写真155で、タイトルはMBB 6899 H. aristata/H. pringlei var. decipiens, Paddafontein, north of Kaboega.となっています。

H. lapis (H. aristata sensu Bayer) に近い感じの灰緑色の植物です。

写真1 H. rava  (Haworthia Update 2. P. 86. Fig. 24)
写真1. H. rava  (Haworthia Update 2. P. 86. Fig. 24)


写真1はUpdate 2. p. 86に掲載された写真ですが、Update 1 と同じ写真です。

こちらのタイトルは H. arstata. Paddafontein. MBB 6899. となっています。

 

(余談ですが、Bayerは基本種と変種の関係を何か勘違いしているようで、時々このH. pringlei var. decipiens やH. decipiens var. xiphiophylla (Baker) M.B. Bayer comb. nov. (Update 2.P. 98.) のような誤った組み合わせ表記をしています。

分類学上、2つの種を組み合わせる場合の基本種とはより基本的な形態の種や、より広範囲に分布する標準的な種を基本種とするのではなく、より早くに記載された種が基本種です(命名規約 Art. 11.4)。)


写真2 H. rava type MH 03-156=MBB 6899  Paddafontein
写真2. H. rava type MH 03-156=MBB 6899  Paddafontein


写真2はH. rava のタイプ植物の写真で、写真1と同じくMBB 6899 です。写真で見るように、H. lapisの濃青緑色と比べより灰緑色なのが特徴なのでravus (灰色の)からH. ravaと名づけられました。


写真3 H. rava  07-167-2 (=MBB 6899)  D=9

写真3. H. rava  07-167-2 (=MBB 6899)  D=9


 写真4 H. rava  03-156=MBB 6899  Paddafontein D=7
写真4. H. rava  03-156=MBB 6899  Paddafontein D=7


しかしその後に輸入されるMBB 6899は写真3や4のように、窓はより大きく透明で美しいのですが、葉色はやや紫ないし赤みがかった色調の個体が多く、写真2のような灰緑色の個体はあまり見られません。

南阿窓草集 (http://blog.livedoor.jp/ryokuhusou/) で紹介されているH. ravaも大窓紫肌タイプです。Sheilamで売られている実生苗はBayerの実生なのですが、この型の個体の方が窓が大きくきれいなので、あるいはBayerが意図的にそのような個体を選んで交配しているからかもしれません。


写真5 H. rava  06-279-3=GM 554 Paddafontein cross  D=7

写真5.  H. rava  06-279-3=GM 554 Paddafontein cross  D=7


 写真6 H. rava  06-279-6=GM 554 Paddafontein cross  D=8

写真6.  H. rava  06-279-6=GM 554 Paddafontein cross  D=8


写真4と5はSheilamではない南アフリカの業者から輸入した個体ですが、おそらくMBB 6899 とは別群落のH. ravaです。こちらはMBB 6899 より窓が小さく、くすんだ肌色ですが、より強い灰緑色をしています。また鋸歯もより短く密なのですが、MBB 6899 のように透明ではなく、かなり白いのが特徴です。

中には写真6のように白く密生した短刺が濃い灰緑色の肌色に映えて非常に美しい個体もあります。MBB 6899とは異質な、どことなくH. rooibergensis を彷彿させる美しさです。


Dr. M. Hayashi

‘オラソニー錦’(‘Ollasony Nishiki’)

‘オラソニー錦’(‘Ollasony Nishiki’)(‘Ollasonii はラテン語型なので不適格名)

‘オラソニー’はおそらくH. obtusaH. retusa(またはH. comptoniana)との古い交配で、かなり大型になります。‘三仙寿’も‘オラソニー’ですがさらに大きくなり、培養による巨大化変異株と思われます。培養による巨大化変異は‘鬼武者’等にも見られますが、‘オラソニー’と‘三仙寿’の関係もおそらくこれと同じであろうと見ています。

(‘鬼武者’は分頭性でしたが培養苗は単頭性になり、さらにより大型化したので非常に立派な標本株になります。また‘キングギドラ’等、中国の培養苗にはもとは無名の雑種だったが、巨大化したために新品種になったと考えられるものが多いです。)

 

さて培養すると斑が時々できますが、‘オラソニー’にも培養によって斑入りが出来ています。もともと大型なので斑入りは相当見栄えのする品種になるだろうと期待されますが、もしさらに巨大化が一緒に起こっていれば、‘三仙寿’に斑が入ることになりますからすごい絶品になることでしょう。


Photo1 オラソニー錦
写真1‘オラソニー錦’(‘Ollasony Nishiki’)D=10.5

Photo2 オラソニー錦
写真2
‘オラソニー錦’(‘Ollasony Nishiki’)D=10.5 

写真
1は最初に入手した‘オラソニー錦’ですが、オブツーサ系に時々出現する『透け斑』とでも言うべき斑です。これは葉裏の表皮の一部が筋状に薄く半透明(ときには透明)になり、内部の貯水組織が半ば透けて見えるタイプの斑です。このタイプの斑は写真1のように横(葉裏)から見るときれいな斑ですが、写真2のように上(葉表)から見ると斑の部分はほとんど見えません。

Photo3 オラソニー黄斑
写真3 
オラソニー錦’(‘Ollasony Nishiki’)D=6.5


写真3は次に入手した‘オラソニー錦’で、他の多くの斑入りと同じような筋斑のタイプです。葉表から見ても鮮明な斑が確認できます。このタイプの斑は時々出現するようで、注意していればオークションなどでも見かけることがあります。


Photo5 オラソニー白糊斑 D=5

写真4 オラソニー錦’(‘Ollasony Nishiki’)D=5.0


Photo4 オラソニー白糊斑 D=5
写真5 オラソニー錦’(‘Ollasony Nishiki’)D=5.0

 

写真4、5は最近入手したものでまだ小苗ですが、‘オラソニー’の白糊斑(琥珀斑)です。‘白蛇伝’や‘白銀の露’(H. obeseの白糊斑)のようにオブツーサ系の白糊斑は大変きれいですが、‘オラソニー’の白糊斑ならたぶんこれらよりずっと大型になりますから、オブツーサ系斑入りの最優品になるのではと期待しています。

また‘白蛇伝’や写真1、3‘オラソニー錦’はまったく紅葉しませんが、この白糊斑は写真45のように春夏にはきれいなピンク色に色づきます。

 

ただ白糊斑は葉緑が少ないので成長が遅く、また周辺キメラの斑なので葉挿しや胴切りでは繁殖できません。‘白蛇伝’‘白銀の露’と同じく自然仔吹きを待つしかありませんので、繁殖には相当時間がかかるでしょう。

もっと大きくなったら名前を付けて再度ご紹介します。

 

なお空中庭園(http://haworthia.jp)で紹介されていた‘オラソニー’3倍体錦もおそらく培養変異ではないかと思いますが、斑としては写真1の透け斑と写真2の筋斑との中間型のように見えます。つまり葉裏から見ると透け斑ですが、葉表にもかなり斑が出ているため、こちらは筋斑に見えます。したがって、‘オラソニー錦’にはこの3倍体錦も含めて現在4タイプあることになります。



Dr. M.Hayashi
☆コメントは承認後に公開されます。
☆品種等の質問はハオルシア協会会員に限定します。

Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Comments
  • ライブドアブログ