単頭性と分頭性

resized_FH040031
H.cummingii 単頭性個体 このような株は全体の30%程度。

例えばH.cummingiiなら①のような写真が掲載されることが多い。産地を訪れた人は被写体としてこのような立派な株を探して写真を取るから、それらの産地写真を見て多くの人がH.cummingiiは単頭性で結構大きくなる植物だと思うであろう。

resized_FH040033
  H.cummingii 分頭性個体 この程度の群性株が最も多い。


resized_FH040026
H.cummingii 分頭性個体 大群生。たぶん複数クローンが生えている。

ところが産地では実際には②や③のように分頭して大群生になっている株が半分以上を占める。

現地株を採集して繁殖する場合、単頭性の株はなかなか仔吹きをしないが、分頭性の株はそれゆえに良く繁殖し、その結果、SheilamでもEdenでも販売されるのはほとんどが小型ですぐ分頭する植物ばかりとなる。H.cummingiiの場合、そのような株は1頭がせいぜい直径5~6cm程度にしかならない。しかし単頭性のH.cummingiiは直径12~13cm以上になり、見事である。

同じく単頭性の立派な株の写真が良く掲載されるH.davidiiでも半分くらいは仔吹性で、したがって繁殖されて販売されるものの多くは仔吹性である。


反対に仔吹性だと思われている例えばH.bellaでも`青い妖精’は仔吹性だが、`白い妖精’はなかなか仔吹しない。そして最初にSheilamから買った10株近い個体の中にはやはりほとんど仔吹せず、単頭のまま大きくなる個体がある。(Sheilam等では初めは山取り個体をそのまま売っていることが多く、単頭性の株も混じっているが、後になると仔吹性の株から繁殖したものばかりになる。)

同様に群生性だと思われているH.ikraH.kubusieでも中にはほとんど仔吹せず、単頭のまま直径6~7cmくらいまで大きくなる個体があり、H.obtuseと見間違えるほどである。


収集家としては当然単頭性の株が欲しいわけだが、一般に市販されているカキ仔繁殖品はそれから実生してもやはり分頭性や群生性の個体が多い。一方、単頭性の大型株同士から実生したものはH. cummingiiの場合など、半分以上が単頭性らしい(単頭性株は花茎が1本しか上がらないが、分頭性株は2本以上上がる)。

したがって単頭性の株を繁殖するには単頭性株から葉挿しなどで無性繁殖するか、単頭性株同士から実生するしかない。



幸いH.cummingiiH.bellaなどでは単頭性株から実生が多少できているので、今度のハオルシアフェステバルで販売する予定。

Dr.H

ハオルシア フェステバル2

3月20日(春分の日)の 『ハオルシア フェステバル』 は日本ハオルシア協会会員でなくても、バザール、品評会、交換会いずれにも参加できます。


バザールは複数人で1卓(会議机)の出店をすることも可能です。お知り合いの方と余剰苗を持ち寄っていただき、気軽に出店してください。

品評会では幅広いハオルシアを対象とするため、日本ハオルシア大賞(金賞、銀賞、銅賞)の他、14の部門賞があります。
美しい、珍しい交配種はもちろん、他の品評会では出展しにくい、入賞しにくいと思われているレース系や小型原種含め、数多くの出展をお待ちしております。みなさま自慢のハオルシアを出展してください。

ハオルシア フェステバル

第1回 『ハオルシア フェステバル』 開催のお知らせです。

hawfes











■日時: 2013 年3 月20 日(春分の日) 午前9 時15 分より
■場所: 東京流通センター(TRC、平和島)センタービル2F 第6 会議室

→詳細はこちら(pdf)


品評会、バザール、交換会と一日楽しめる内容になっています。

ハオルシアの購入以外にも、ハオルシアの分類や品種についての最新の情報を交換できる場になるかと思いますので、皆様お誘い合わせの上、是非ご来場下さい。

☆コメントは承認後に公開されます。
☆品種等の質問はハオルシア協会会員に限定します。

Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Comments
  • ライブドアブログ