ODETTEAE

H. odetteaeは Odette Cummingさん(David Cumming氏の奥さん)にちなむ名前です。彼女はGrahamstown Universityに勤める才媛ですが、とても気さくで出身国のおいしいフィリピン料理を良く作ってくれました。野菜たっぷりの焼きそば風料理など、南アフリカの西洋風料理に飽きた日本人にとっては何かとても懐かしい味の料理です。

 odetteaeの産地(Lootskloof)
写真1 H. odetteaeの産地(Lootskloof)

さて、H. odetteaeはJansenvilleの少し東の、比較的限られた地域に小さな群落をいくつも作っています。写真1がその産地の一つですが、Euphorbia jansenvillensis等、トゲの多い植物の根もとによく生えていて動物の食害から身を守っているようです。

 odetteaeの自生状態
写真2 H. odetteaeの自生状態

5
写真3 大型のH. odetteae MH 04-69. D=6.5

写真2のように、野生でも小型で綿のかたまりのようなかわいい植物ですが、小型の植物は群生するものが多い中で、写真のようにほとんどすべての個体が単頭です。国内で栽培しても野生のときと大きさがほとんど変わらず、最大で4~5cm止まり。それ以上大きくなる株はかなり珍しいでしょう(写真3)。かといって丈高くなることもなく、上に成長した分だけ下が枯れて根が球体を引っ張り込むので、長年栽培しても見かけがほとんど変わらないという特徴を持っています。

 odetteae MH 04-69-3, D=9
写真4_分頭性のH. odetteae MH 04-69-3, D=9 こちらから見ると形良い3頭立てだが・・・

JPG
写真5  分頭性のH. odetteae. 写真4と同じ株。こちらから見ると5頭立て。

ところがH. odetteaeにはまれに分頭性の個体があり、この個体は栽培していくと数年に一度分頭し、株が次第に大きくなります。写真4, 5がそれで、現在は5頭になっています。少し前までは形良い3頭立てでしたが、1頭が2度分頭して5頭になってしまいました。繁殖のために1~2頭株分けするか、このまま大きくするか思案中です。
ハオルシアでは分頭性や群生性の個体は普通は敬遠されることが多いのですが、H. odetteaeに限っては希少性も観賞上も分頭性の個体の方が優れています。白系マミのような形良い群性株に仕立てることができるかもしれません。もっとも他の個体も肥培すれば分頭してくるかもしれませんが、今のところ未確認です。

JPG
写真6 H. odetteae MH 05-229. D=5.5. 分頭を始めた株。

以前もう1株分頭性の株があったのですが、当時はあまり気にも留めずに3頭の形良い時に手放してしまいました。持っていれば分頭性同士で実生ができたのに残念、と思っていたら、最近分頭を始めた株を見つけました(写真6)。しかも‘翁草’(‘翁’を改名)のように葉裏全面に鋸歯が生える良タイプです。これで1~2年の内には分頭性株の実生ができそうです。


Dr.M.Hayashi

HP管理者(補助員)募集のお知らせ

HP管理者(補助員)募集のお知らせ


日本ハオルシア協会では現在の担当者が多忙のため、HPの管理者または補助員を募集しています。ハオルシアに関心があり、HP作成、管理の知識、経験のある方で当協会のHP管理を手伝っていただける方がいらっしゃいましたら、自薦、他薦を問わず事務局(info@haworthia.net)までご連絡ください。

日本ハオルシア協会の会員でなくても可能ですが、担当をお願いする場合はなるべく会員になっていただくようお願いします。謝礼は原則出ませんが、ハオルシアの苗で良ければなるべくご希望に沿うようにします。


《4月19日追記》

新管理者が決定しました。上記募集は終了させていただきます。

ハオルシア フェステバル4

3月20日に東京都大田区平和島の東京流通センター(TRC)でハオルシアフェステバルが開催され、およそ200人もの愛好家が参集して熱気あふれる会となりました。日本ハオルシア協会の関東大会では例年50~60人程度、関西大会でも100人程度の参加者ですから、ハオルシア中心の会合としては記録的な参加者数でした。

1 (1)

1 (2)

バザールでは培養苗を含む玉扇、万象の優良苗が高値で取引され、中には50万円を超える売り上げの方や持ってきた苗がほとんど売れてしまった方もいらしたようです。また他ではほとんど販売されることのないハオルシア原種の希少苗が多数並べられて人気を集め、持ってきた苗の半分以上が売れた方もいました。さらにハオルシア以外のペラルゴニウムや希少バルブ類も良く売れて早々に品切れとなり、販売していた方は「見込み通りだったが、見込み以上に売れてしまい、もっと持ってくればよかった。」という感想でした。

1 (3)

フェステバルの目玉であった品評会ではきわめてレベルの高い作品が多数出展され、第1回日本ハオルシア大賞にふさわしい作品が選出されました。
参加者の投票の結果、最高得点を獲得したのは萩原氏の‘水晶コンプト’、中島氏の玉扇‘玄武’、小澤氏のピクタ‘極楽殿’の3点です。いずれ劣らぬ素晴らしい作品で、同点だったために3点とも日本ハオルシア大賞金賞(2013年)となりました。

1 (5)
水晶コンプト

1 (6)
玄武

1 (7)
極楽殿

また得票数がわずかに及ばず入選しなかったものの、大賞に選ばれてもおかしくない作品も多数ありました。その多くは部門賞を獲得しましたが、ここでも多数の優秀作品が集中し、競争の非常に厳しい部門がありました。そこで優秀作品が集中した部門では部門賞を複数出すことにしました。それらの結果はまた後ほど写真とともにお知らせします。

1 (8)

交換会では山本先生の万象が多数出品され、非常に高値で落札されていました。また特筆すべきは多くの女性が最前列に陣取り、積極的に落札していたことでした。このような光景は他の会ではなかなか見ることのないもので、ハオルシアが女性に大きな人気のあることを象徴するものと言えます。

今回の会では他のサボテン、多肉関係の会合ではあまりお見かけしない方が多数(おそらく半数以上)参加されていたのが特徴で、ハオルシア人気の広がりを実感したところです。また参加者の感想もブログなどで見る限り非常に好評だったようで、「来年もぜひ参加したい」、「来年はぜひ行ってみたい」、という声が多数聞こえています。ハオルシア中心の会合としては記録的参加者数だったことも併せ、初回の試みとしては大成功だったと評価しています。


来年は日本多肉植物の会や国際多肉植物協会(ISIJ)とも合同でこのような会を開催すべく調整中です。


Dr.M.Hayashi

☆コメントは承認後に公開されます。
☆品種等の質問はハオルシア協会会員に限定します。

Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Comments
  • ライブドアブログ