日本ハオルシア協会 Official Blog

ブログデザイン改修しました。

新種紹介    文Text:林雅彦 M. Hayasi

写真 PhotosMr. G. Marx, Mr. V. de Vries &. Mr. E. Esterhuizen

 

“Haworthiopsis”や“Tulista” を含むHaworthia属にはおよそ300種が記載されており、未記載で裸名や仮名のものを含めると約500種が存在する。しかしその多くは都市や集落の近く、あるいは道路沿いなどに生育している種で、牧場の内奥部や山間部などにはさらに多くの種が存在すると推定される。

最近でも西ケープ州のSwellendamRiversdaleなどの南部海岸地方で牧場の内奥部から新種が多数見つかっている。


Photo
1はH. magnificaに近い新種(H. essiei Hayashi sp. nov. (nom. nud.) GM 697 S. Riversdale)で、窓表面に細かな繊毛が生え、ちょうどH. bobiiを大型にしたような美種である。Photo 2はその自生状態で、Photo 3では有毛個体と無毛個体が隣り合って生育している。

ただしこの群落中、顕著な有毛個体はおよそ10%程度で、半数は普通のH. magnifucaと同じくほとんど無毛(Photo 4)、残りは中間型(Photo )ということである。


1 H. essiei GM 697  D=7  BY Marx
     1 H. essiei GM 697  D=7  Photo by Marx 

2 H. essiei  By Marx
                  2  H. essiei Photo by Marx 

3  H. essiei  By Marx
                     3  H. essiei Photo by Marx 

4  H. essiei  By Marx
                       4   H. essiei Photo by Marx 

5  H. essiei By Mrax
                     5  H. essiei Photo by Marx 

この産地の近くにはより密に毛が生え、有毛個体が40%もの高い割合の群落(Photo. 6~8)がごく最近Esterhuizenによって発見されており、これを基準群落としたので種名は彼の名前(Essie)にちなむ。

6  H. essiei  By Esterhuizen
              6  
H. essiei Photo by Esterhuizen 


7  H. essiei  By Esterhuizen
           7 
 H. essiei Photo by Esterhuizen 


8  H. essiei  By Esterhuizen
                  8   H. essiei Photo by Esterhuizen

このような場合、この群落を独立種とするかどうかが問題となるが、H. sanekataiH. groenewaldiiの例が参考となる。両種ともH. muticaの産地の東端に産し、前種では顕著な白雲の出る個体(White Widow, Drew White)が存在し、後者では顕著な白点のある個体が出現する。ただしそのような顕著な個体はそれぞれ10%程度しか出現しない。

そのような個体がなければこれらの群落は単にH. muticaの小型群落として、せいぜい変種とみなされたかもしれない。

H. pygmaeaでも同様で、Dumbie Dykesの群落(ブルーピグマ H. celadonis nom. nud.)を除けばpapilla (乳頭突起)のある個体は1/3以下で、他はほとんど無突起なので、papillaのある個体がなければ単に小型のH. retusa とされていたかもしれない。

このように、他群落にはない特徴をもった個体がその群落中に一定割合以上存在する場合には、遺伝的に他群落とは異なる遺伝子があり、またそのような個体が存在することでその群落を特定できるので、別種とした方が良い、というのが私の意見である。

 

そのような例の一つがH. tuberculate近縁のH. eborina Hayashi sp. nov. (nom. nud.) W. Oudtshoornである。この種は基本的にH. tuberculateだが、群落中にPhoto912のように白く大きな象牙質結節を持つ個体が複数存在する。H. tuberculataあるいは H. scabraには光の当て具合で結節がやや白く見える個体はあるが、結節がこのように顕著に白い個体のある群落は他にない。

9 H. eborina  By de Vries
            9  H. eborina  Photo by de Vries
 
10  H. eborina  By de Vries
          10  
H. eborina  Photo by de Vries

11  H. eborina  By de Vries
          11  
H. eborina  Photo by de Vries

12   H. eborina  By de Vries
          12  
H. eborina  Photo by de Vries

 

H. eborinaの近く(と言っても10km以上離れているが)には同じくH. tuberuclataの仲間だが、結節が見事なガラス状になった植物(H. gerhardii Hayashi sp. nov. (nom. nud.) GM 661 Photo1314)がマルクス氏により最近発見されている。

13  H. gerhardii  By Marx
            13  H. gerhardii  Photo by Marx

14   H. gerhardii  By Marx
            14  
H. gerhardii  Photo by Marx

現地写真(
Photo15~17)などは一見してH. minimaと見間違えるほどである。Maximaグループの祖先、すなわちH. minimaの祖先はH. tuberculateに違いないと私は考えていたが、H. eborinaH. gerhardiiの発見はまさに両者間のmissing linkを埋めるものであろう。

15    H. gerhardii  By Marx
              15  
H. gerhardii  Photo by Marx

16   H. gerhardii  By Marx
            16  
H. gerhardii  Photo by Marx

 
17   H. gerhardii  By Marx
              17  
H. gerhardii  Photo by Marx

 

H. minimaが属するRobustipedunculares亜属(=Tulista)の花茎は太く頑丈であり、それに対してScabraの仲間は細い針金状の花茎を持っていることが特徴とされている。しかし花茎や花序の特徴は必ずしも系統を反映しない。

 

たとえばAloeA. spicataなどの仲間は密生した小さな百合状花が太い直立花茎に直接付き(sessile)、花筒から長い雄蕊と雌蕊を突出させて全体としてブラシのような花序となる。雄蕊と雌蕊の花筒に対する割合は他のグループと比較して有意に長く、それがブラシのような花序外観を作っている。このように長い雄蕊、雌蕊は他のアロエでは見られず、それがこのグループの特徴となっているが、唯一の例外がA. albifloraである。

A. albifloraは百合状の花弁からやはり非常に長い雄蕊、雌蕊を突出させるが、花筒長に対する長さの割合はA. spicataなどの仲間と全く同じである。花筒や花序は全く異なっているが、より基本的な生殖器官のこのような構造的類似性はこれらのアロエが近縁関係にあることを強く示唆している。A. albifloraA. spicata類の遠い祖先であることは間違いないであろう。

 

Scabra類とMaxima類(subg. RobustipeduncularesTulista)とは花茎の太さや花弁の形状は異なるが、花弁の色素が蝋黄色(waxy yellow)である点と、花筒が他のグループと比べ非常に短い(小花)点が共通している。特に花の色素はH. attenuta類(subg. Hexangularis = Haworthiopsis。ただしScabra類を除く)などの赤い色素と大きく異なる点で、生化学的相違であるからより基本的相違と考えられる。

そしてH. eborinaH. gerhardiiのようなScabra類とMaxima類を結びつける種の存在が明らかになり、Maxima類がScabra類から進化したことが証明されれば、広義のHaworthia属全体が単系統群であることも明らかになるであろう。

 

Haworthia属をHaworthia, Haworthiopsis, Tulista3属に分離した場合、それぞれに祖先が存在しなければならないが、分離論者はいったいどんな祖先を想定しているのであろうか。彼らはDNAの解析結果以外に遺伝的親近性(交配実験等)、形態的共通性、生化学的類似性などの論拠を全く示していない。

彼らのDNA解析には多くの問題点があるが、一つだけ指摘すると、塩基配列から類縁関係を推定する分岐分析は、進化が2岐分岐で起こることを前提しており、雑種起源のグループや種、あるいは多分岐があるとうまく計算できない。

AstrolobaPoellnitziaにはその原始的な形態の種やグループがなく、これらが雑種起源であることはほぼ確実であるが、その点ではGasteriaも同様に原始的形態の種(草ガステリア)がなく、雑種起源であることが強く疑われる。

Haworthiaやその近縁属の分類や進化は机上の計算だけで処理できるほど単純ではない。

 

(なお、GasteriaHaworthia radulaH. longianaAloe reynordsiiA. striataBaviaanskloof周辺で偶然交雑して生じた雑種から形成されたのではないかと推測している。

ピ-クアウト   記事と写真:林雅彦(一部写真は許可を得て転載)

 

「ピークアウト」はコロナ肺炎の感染拡大状況を表す用語としてよく使われていますが、「頂点を過ぎて頭打ちになる」といった意味です。和製英語のようですが、ニュアンス的になかなか便利な用語です。

育種でもピークアウトは重要な概念です。育種においても感染拡大と同じく、最初はなかなか育種が進展しませんが、一定の段階になると指数関数的に急激な進展が見られます。そしてさらに育種が進んでいくと既存品種より良いものが出現し難くなり、育種スピードはやがて頭打ちになります。つまりピークアウトを迎えます。

 

ハオルシアの場合、最も早く育種が始まった玉扇、万象はすでにピークアウトを迎えたと見られます。

玉扇では浮世系の写楽、荒磯、それに黒島模様の玄武や敦盛がピークと見られます。他に歌麿とか、北斎など、類似の優良品種が多数ありますが、その後は国内ではドングリの背比べ状態で、あまり特徴のある品種は出てきていません。しかし台湾では玄武や敦盛をさらに肉厚にした黒武泰などの優良品種が作出され、玉扇育種の世界的中心は台湾に移っています。

万象はドラゴンや白妙あたりが最初のピークで、その後もミレニアムや桃源郷など、特徴のある優良品種が多数作出されています。しかし最近の品種は優良ではあるが、やはりドングリの背比べ状態で、育種の進展という点では頭打ち状態です。

玉扇、万象は近縁種がほとんどなく、変異の幅が狭いので、いったんピークを迎えるとそれをブレークアウト (突き抜け) して画期的な品種を作出するのは非常に難しいです。

 

玉扇、万象の次に育種が進んでいるのはピクタで、これもグループによってはピークアウトしていると見られます。

例えば白系では白拍子など、真っ白な品種がありますが、白さと言う点ではこれ以上白くするのは難しいでしょう。鮮明な斑点のグループでは踊り子あたりが頂点で、これをもとにより丸葉で鮮明な斑点の個体が作出されていますが、海皇など、その多くはあまり大型になりません。黒斑点系では深海あたりがピークで、類似の優良個体がいくつも作出されていますが、地黒のグループなのでラベルなしで識別できるほど特徴のある品種は少ないです。

なお、ピクタに限らず培養や葉挿しで巨大化するもの(枝変わり。白妙⇒翡翠龍、玄武⇒玄武帝、ピンキー⇒良子など)が時々出現します。反対に矮化(小型化)や短葉化する枝変わりも出現し、蛙玉や深海の女王などがこれだと見られます。短葉化変異は葉がダルマ葉になるので人気がありますが、サイズは大きくなりません。

ピクタで比較的最近に品種改良されて来たのが太い黒線の入るグループで、この仲間はまだピークアウトしてないと見られます。

ピクタは非常に幅広い変異のある種群なので、他にも未開拓の、ピークアウトしていない多くの品種グループがあります。

 

ピークアウトの概念で特に注意が必要なのが、もうピークアウトしていると見られるのに、それを知らずに、中途半端な品種を高額で買ってしまうことです。そのグループの育種のピークが来ているのか、どのあたりがピークなのか、注意して見極めることは中途半端な品種を高値買いしてしまわないための重要な予防策です。

 

例えばスプレンデンスは今最も人気なグループですが、白系と赤系ではすでにピークが来ています。白系ではタージマハル(写真1)が有名で、実際非常に白いですが、プトラマハル(写真2)はさらに白く、これが白系スプレのピーク(最高峰)と見られます。他にもナタリーなど、かなり白い品種がありますが、購入の際はピークの品種と比べてその品種がどの程度のレベルなのか見極めが必要です。

タージマハル (2)
 写真1 タージマハル 完成株

 プトラマハル  $13230    (2)
 写真2 プトラマハル 大株

  赤系スプレはまだほとんど知られていませんが、ムーンガ(写真4)やガーネットスター(写真3)がピークです。これらに比べるとサムライOOなどは比較にならないと言っても過言ではありません。ピークの品種のレベルを知るということは非常に重要で、単に新しい品種というだけで高値の品種を買うのは要注意です。

ガーネットスター Garnet Star  (2)
 写真3 ガーネットスター 中苗

 ムーンガ moonga  (2)
 写真4 ムーンガ(Moonga) 中苗

 スプレンデンスもピクタと同じく、非常に幅広い変異があります。結節の大きなグループとか、黒線(赤線、緑線)の太いグループとか、グループごとにピークの品種があり、これらのいくつかはすでにピークアウトした、またはその直前だと見られます。スプレンデンスの優良品種はハオルシア研究誌に多数紹介されていますので、それらを参考にしてください。

 

玉扇、万象、ピクタ、スプレンデンスに次いで、最近人気なのがサネカタイです。ドリューホワイト(写真5=その1例)やホワイトウイドウを祖先として、ロンバードスター(写真6)やムーミン、スヌーピー(写真7)など、多くの傑作が作出されており、これらが初期のピーク品種です。
 
 写真5  Drew White MH 07-148-1 D=9
 写真5 ドリューホワイト(野生株) 径9cm

 写真6 Lombard Star  (2)
 写真6 ロンバードスターA 

 写真7 スヌーピー D=8 (2)
 写真7 スヌーピー(ムーミンの実生選抜)径8cm

 サネカタイは白雲遺伝子が非常に強く、それほど白くない個体を親としてもかなり白雲のある実生苗ができます。写真8(ドリームコンプト=ドリームウォークxコンプト).写真9(エーデルワイ寿)はその一例です。しかしサネカタイ種群はまだまだ育種のピークを迎えているとは見られません。今後より白く、模様も鮮明な優良品種が作出されてくることでしょう。

 写真8 ドリームコンプト D=11 (2)
 写真8 ドリームコンプト(ドリームウォークxコンプト)径11cm

 写真9 エーデルワイ寿 D=9 (2)
 写真9 エーデルワイ寿 径9cm
 

 

レツサ類(広義)は変異が非常に多様で、ピクタ、スプレンデンス以外の種あるいは種群ではほぼすべてのグループでピークアウトしていません。優良な形質の近縁種が多数あるので、サネカタイと同じく、今後より面白い優良品種が作出されてくるでしょう。

ここではその一例としてアトロフスカを取り上げて見ます。アトロフスカは暗くて透明な窓が特徴の、やや地味な種ですが、窓の透明感が非常に高いので、同じく透明窓のバデアと並んで人気が高いです。

アトロフスカはリバースデール郊外のSpitzkopという小さな丘がタイプ産地で、周囲は一面の小麦畑です。その中にポツンとある、耕作されていない丘の裾の草や小灌木の陰に隠れて小さな個体が多数生えています。写真10がその一例で、ほとんどの個体は栽培しても直径56cm程度にしかなりません。おそらくH. floribundaあたりから進化してきたものと思われます。

 写真10 アトロ 11-57  D=6 (2)
 写真10 アトロフスカ タイプ産地の標準的な個体 径6cm

しかし産地が同じかどうかわかりませんが、中にはより大型の個体があります。よく知られているのがISIのアトロフスカ(AT-1、ドドソンアドロ)ですが、そのほかにもルーカス(Lucas 写真11)やクラウス(Crous 写真12)など、大型で短葉の野生個体があります。

 写真11 アトロフスカ ルーカス D=10 (2)
 写真11 アトロフスカ 'ルーカス’ 径10cm

 写真12 アトロ クラウス (93-10-1)D=8.5 (2)
 写真12 アトロフスカ 'クラウス’ 径8.5cm

写真13はルーカスと夜想の森との交配実生と思われる、暗くて先端が丸い個体です。スプリングあたりと交配したら面白いものが出来そうです。

写真14はクラウスの実生で、より大型大窓になっています。暗い群青色の窓に淡い白点が入るのが特徴で、「群青の海に降る雪」(谷村新司「群青」)のイメージから「群青」と名付けられました。アトロフスカでこのような平坦な窓に淡い白点という特徴を持つ個体は初めてだろうと思います。近縁種のエニグマ(H. enigma)には時々このような淡い白点を持つ個体があるので、それと遺伝的なつながりがあるのでしょう。交配種のバルジ(ハオ研誌327ページ)はより鮮明な白点を持ちますが、隆起した結節はアトロフスカというイメージからはやや離れます。

 写真13 ルーカス実生 D=13 (3)

  写真13 ’ルーカス’x’夜想の森’ 径13cm

 写真14 群青 D=9  IMGP8206 (3)
 写真14 アトロフスカ '群青' 径9cm

先に書いたように、レツサ類は非常に多様な種があるので、それらを組み合わせて今後さらに面白い品種が作出される可能性は非常に高いです。ピクタやスプレンデンスの一部を除けばまだ全くピークアウトしていません。大いに挑戦してみてください。

一方で育種の進んだ玉扇、万象、それにピクタやスプレンデンスの一部グループでは、現在のピーク品種以上の優良品種を作出するのはかなり困難です。もっともそれだからこそ価値があると挑戦する方々の努力にも大いに期待したいところです。

 

レツサ類以外の種や種群について言うと、まずオブツーサ類は窓に模様や斑点がないので、変異の幅が小さく、既存品種と明瞭に識別できるような特徴を持った品種を作出するのはかなり困難です。いろいろな実生苗が作出・命名されていますが、ラベルなしで識別できるような優良品種はごくわずかです。特にレツサ類とオブツーサ類との交配は非常に多数試みられていますが、そのほとんどはオラソニーまがいで、全くこれと言った特徴がなく、大部分は失敗作です。

また多くの方が思っている『オブツーサ』はドドソン紫(OB1)など、丸頭無ノギの植物ですが、これは正しくはH. vista n.n. (紫オブト) です。H. vistaも広義のオブツーサ類の一つですが、本来のH. obtusaはやや尖った鈍頭葉で、明瞭なノギを持ちます。一般に誤ってクーペリーと呼ばれているものが本来のH. obtusaです。

正しい(本来の)H. cooperi (写真15)H. specksiiに近い、無鋸歯で長いノギを持った青緑色大窓の植物です。ハオルシア最美種の一つですが、ほとんど出回っていません。これはグループ的にはビッタタ類 (Vittata Gr. “H. blackbeardiana”の仲間。H. vittataH. blackbeardiana の正名)で、H. teneraH. cummingiiH. calaensisもこの仲間です。

 cooperi  05-10 (3)  D=11  E Whittlesea
 写真15 真正なクーペリー(H. cooperi) 径11cm  E Whittlesea
 

 

オブツーサ類(広義)にはH. vista(紫オブト系)や本来のH. obutusaH. venustaの他、H. gordonianaの仲間、H. indicaH. nubila、など、多くの種がありますが、ラベルがないと識別困難なものも多いです。

また一般にオブツーサ類に入れられていますが、H. leightoniiH. doldiiから進化した種でH. obtusaとは別系統の仲間です。ただしH. leightoniiは東進してH. obtusa系の植物と交雑し、H. sabitaH. rufousaとなってオブツーサ類に吸収されています。

一方、 オブツーサ類ではないがよく似ていて混同されるものに、H. joeyaeH. kagaensisがあります。両種とも丸頭でノギがないので紫オブト(H. vista)と混同されますが、H. joeyaeH. umbraticolaなどのシンビ系、H. kagaensisは同じくシンビ類のトランシエンス系です。つまりH. kagaensisは特大型で窓のやや小さいトランシエンスというわけです。ヤフオクなどで時々「グリーンオブツーサ」という名で売られています。また「新オブト錦」(新オブツーサ錦)H. obtusaH. vistaの斑入りではなく、H. kagaensisの斑入りです。

さらにH. davidiiH. indicaH. leightoniiから遺伝子浸透を受けた種と推定されます。

これら広義のオブツーサ類はまだ全く育種が進んでおらず、原種個体の選抜育種の段階に過ぎません。ピークアウトは全く先の話です。

 

オブツーサ類以外の軟質葉ハオルシア(Leptodermis群)もまだ全く育種が進んでいません。しかしこの仲間にはまだら系など全ハオルシア中最美と目される優良種や種群が多数存在していますので、それらの育種が進めば今よりさらに多彩で美しい園芸植物群が出現することでしょう。

昔から玉扇、万象、それにコレクタがハオルシア園芸の最高峰と言われていた。この3種は窓の紋様の変化が大きく、紋様が個体ごとに大きく異なるのはもちろん、葉ごとにも微妙に、時には大きく異なり、新しい葉が出るたびにその変化を楽しむことができる。その点でオモトやイワヒバなどの葉紋園芸全体でも最高峰と言っても過言ではない。

葉の紋様でも花の紋様でも、紋様には大きく分けて3通りある。1つは点模様で、2つ目は線模様、3つ目はその中間ともいえるまだら模様で、点模様の点が大きくなって連結し、まだら模様になるものである。

ハオルシアで言うと、ピクタやスプレンデンスは点模様であり、玉扇、万象、コレクタは線模様である。まだら模様はいわゆるまだら系の植物、リビダやノルテリーなどが代表である。点模様植物の多くは点模様に多少線模様が入り、これが変異を大きくしている。

 

バンダなどランや他の園芸植物でも点模様の品種群と線模様の品種群とがある植物群では、一般に線模様の品種群の方が評価が高い。これは点模様より線模様の方が変化が大きく、紋様の変化をより楽しめるからである。ハオルシアでも同じでピクタやスプレンデンスは点模様が密になり、真っ白になってしまうとそれ以上改良するのはなかなか難しい。

もっともこの点は玉扇や万象でも同じで、白線が多くなって窓が真っ白になってしまうと、それ以上は改良が進まない。後は葉型や大きさの改良に焦点が移ってしまう。

コレクタでも特網系のように網目模様が密になると、葉ごとの変化は認識できない。線模様の品種でも模様が粗すぎず、細かすぎず、適当な密度でその変化を追えるのが理想である。

 

海外からの投機目的での資金流入により、高騰した玉扇、万象のバブル価格は培養苗の大量流通により沈静化し、今後もこの状態が続くと思われる。一方、コレクタは優良品種がほとんど市場に出回っていなかったために投機の対象とならず、価格もそれほど大きく変動していない。

園芸的に見た場合、育種の将来性という点ではコレクタ類は玉扇、万象より大きな可能性があると見ているが、その理由は以下の通りである。

 

(1)近縁種が多く、改良の可能性が高い。

玉扇、万象はサボテンの有星類と同じで、ほとんど近縁種がなく、飛躍的な改良が難しい。

コレクタ類には園芸的中心種であるH. laeta (ジュピターなど大型明色型)H. bayeri (暗色中小型)の他、ザラ窓透明葉のH. hayashii、美しい翡翠色のH. jadea、暗青緑色のH. indigoa、点線模様のH. truteriorum、など多くの種がある。

また近縁種にはH. comptonianaH. springbokvlakensisがあり、さらにH. muticaH. sankatai 他のほとんどのレツサ類との交配でも実生苗に違和感がない。玉扇や万象だとレツサ類やオブト類など、他グループとの交配実生苗の多くは葉がよじれるなど、形が美的でない。

コレクタ類ではどのレツサ類との交配でも園芸的に美しいものが作出されている。したがって今後もコレクタ類を中心とした多くの優良品種が育成される可能性が高い。

 

(2)窓が大きい。

紋様は窓にあるから、窓の大きいことは観賞上、大きなポイントである。万象では窓径が3cmを超える品種はほとんどないが、コレクタでは大型品種はみな葉幅3cmを超え、中には4cm以上になる見事な巨大葉の品種もある。大型レツサでも葉幅4cm以上というのはあまりないが、透明窓に鮮明な紋様が入って葉幅4cmというのは非常に見ごたえがある。

葉幅4cmには届かないとしても、大型のジュピター実生なら、どれもうまく作れば葉幅3cm以上にはなる。ジュピター実生には巨大葉でありながら鮮明な紋様のものがたくさんあるので、それで葉幅4cm近くまでなればまったく見事である。

なお、玉扇には葉幅5cmを超える巨大型品種もたくさんあるが、窓面積で比べるとやはりコレクタの方が大きい。

 

(3)窓の透明感が高い。

コレクタはレツサ系のみならず、全ハオルシア中、最も窓の透明感の強い種の一つである。もっともオブト類や一部のレース系のような、透過窓ではないために、その透明性はあまり認識されないが、夕日など、斜めから差し込む光の中で見ると窓の透明性がよく認識できる。

園芸的に見てハオルシアの最大の特徴は大きな透明窓のあることで、レツサ系でも紋様はなくても透明感の強い窓を持つH. badiaH. atrofuscaなどが人気な理由である。H. comptonianaでも水晶コンプトなど、透明感の強い品種の人気は非常に高い。

玉扇、万象が国内でおよそ300人~最大1000人のハオルシアマニアには人気でも、全国におよそ30万人から100万人はいると見られる一般多肉植物愛好家にはほとんど見向きもされないのは、窓に透明感がないからである。オーロラ系は多少透明窓であるが、それでもコレクタ類の窓の透明感とは比べ物にならない。

したがってコレクタ類はその窓の透明感ゆえに、膨大な人口の一般多肉植物愛好家にも大きな人気を得る可能性が高い。

 

 私(林)はコレクタ、特にジュノー系(ジュピター実生)の育種に長年取り組んできたが、その多くは番号で整理されている。整理の仕方は万象の山本氏とほぼ同じで、実生して一定の大きさになった時に親や出所の記号(アルファベット)と番号を順につけ、特に良いものは品種名を付ける。中には整理番号なしで品種名が付けられものもある。次の表 () が林コレクタの整理番号と品種名で、表(2)は無番号の名品、表(3)以降はそれらをグループ別にまとめたものである。一つの品種がいくつかの表に重複して出ている場合もある。


表




 以下、この中からいくつか写真を紹介する。

 表(1)は主にJP番号(ジュピター実生)の品種である。JP-1からJP-9まではジュピター実生を代表する名品で、いずれも太い鮮明白線で粗い網目模様の品種である。アロワナ、ピラルク、天満宮の3品種は特に大型大窓で、かつ窓の透明感が非常に高い。

 

アロワナ(写真1)は幅広ダルマ葉でありながら、スコット模様という、非常に変わった組み合わせの個体で、窓の中(組織の中心部)に白雲が出て(中雲)透明感がより強調される。写真は中苗時のもので、成長すると株径19cm、葉幅4.3cm(巨人兵より大きい)に達する。


写真1 アロワナ D=13.5 LW=3
写真1 アロワナ D=13.5 LW=3


ピラルク(写真2)と天満宮(写真3)は黄色がかった葉色が特徴で、窓は非常に透明。ピラルクはダルマ葉で径15cm、葉幅3cm。天満宮も同じく径15cm、葉幅3cmあるが、葉がやや細長いので、それほど葉幅があるようには見えない。


写真2 ピラルク D=15 LW=3 (3)

写真2 ピラルク D=15 LW=3 (3)


写真3 天満宮 D=15 LW=3


写真3 天満宮 D=15 LW=3


JP- 4稲荷山からからJP-9九鬼山まではJP-1JP-3より濃緑色肌の品種群である。

稲荷山(写真4)はもともと非常に大型だが、径13cmを超えてからさらに葉が大きくなる。


写真4 稲荷山 D=15 LW=3.


写真4 稲荷山 D=15 LW=3.


五番街(写真5)JP-4からJP-9までの中では最も透明感の強い窓を持ち、直線的で端正な模様となる。中苗の写真しか撮ってないが、完成するとずっと線は太く明瞭になる。


写真5 五番街

写真5 五番街


六角堂(写真6)は丸みを帯びた窓に太い白線が入り、全体として非常に端正な株姿となる。


写真6 六角堂 D=17 LW=2.7


写真6 六角堂 D=17 LW=2.7


夢舞台(写真7)は六角堂に似るが、アロワナのように中雲が出るので、透明感が強い。


写真7 夢舞台 D=14.5 LW=3.3


写真7 夢舞台 D=14.5 LW=3.3


八幡宮(写真8)はコレクタ全体でも、最も端正な株姿で、丸みを帯びた葉型は非常に安定している。模様もやや粗い網目模様が非常に端正に入る。たぶん1株も流通していない。


写真8 八幡宮 D=14 LW=3.3


写真8 八幡宮 D=14 LW=3.3


九鬼山(写真9)は八幡宮に似る。葉型は八幡宮ほど安定しないが、窓はより透明感がある。

JP-2からJP-9の各品種はいずれも径15cm程度、葉幅3㎝前後となる。


写真9 九鬼山 D=14.5 LW=2.7


写真9 九鬼山 D=14.5 LW=2.7

 

表1の他の品種は次回以降に紹介する。

 

↑このページのトップヘ