「多肉植物 ハオルシア」増刷のお知らせと最近の市場動向

5月末に発売された「多肉植物 ハオルシア」ですが、売れ行き好調で11月10日に増刷版が発売されました。
増刷に合わせて第1刷での印刷ミスが訂正され、また一部追加された文章もあります。

第1刷での印刷ミスは15ページ右上の南アフリカの地図で、地名が一部誤っていたのを今回訂正しました。
また13ページ下の分類表で、第1刷では硬葉系の具体的グループ名が入っていませんでしたが、今回の第2刷では代表的なグループ名を入れました。
他には大きな訂正はありません。

いずれにしろ、発売から半年もたたないうちに増刷されるというのは、ハオルシア人気の高さを端的に象徴しています。

この本はこれまであまり紹介されることがなかったレース系やオブト系、まだら系などに力点を置いて編集されましたが、この仲間が一般市場におけるハオルシア人気の中心であることは、この仲間にスポットを当てた本書の成功でより一層明らかになりました。

サボテン業者や長老マニアたちを中心としたハオルシア趣味家は、高値で取引される玉扇、万象にばかり注目していますが、玉扇、万象を何万円もの価格で取引する趣味家は日本国内でせいぜい300人、どんなに多く見積もっても1000人はいません。中国でも1万人はいないでしょう。

一方、レース系やオブト系、まだら系などが好きな趣味家は主婦やOLなどの女性を中心として日本国内で少なくとも10万人、おそらく30万人はいます。これらの趣味家は1株千円程度、高くても3000円までの苗を買って室内や窓辺などで楽しむ層です。
したがって高額品ばかり出品される趣味家のセリ会などには顔を出しませんし、顔を出してもレース系やオブト系、まだら系などの欲しいものがありません。もっぱらホームセンターや花屋の店頭あるいはヤフオクで物色したり、仲間内で繁殖品を交換し合うという層です。しかしこれらの趣味家が本当に欲しいものがなかなか一般市場に出てこないのが現下の問題点です。

玉扇、万象を中心としたここ10数年のバブル現象もいよいよ終わりが見えてきました。高額品が培養によって大量に繁殖され、値下げ競争になって大幅に安くなっています。例えば万象の'南アの星‘は今年初めには中苗で50万円程度の値がついていましたが、最近では同程度の苗がわずか5万円程度です。1年で価格が1/10になったわけです。他の品種も同じ傾向です。培養を止めることができない以上、この傾向は強まりこそすれ、弱まることはないでしょう。

'南アの星‘のように窓模様がそれほどでもなく、サイズが大きいだけという品種、あるいはドラゴン亜流、雪国亜流のような特徴の乏しい品種は培養が始まれば価格は急速に下落します。一方、白妙やドラゴン、あるいは玄武のような特徴があってなおかつきれいな品種は価格低下すればマニア以外の一般趣味家も買っていきますから、それほど大幅には価格低下しないとみています。

話を「多肉植物 ハオルシア」に戻しますと、レース系やオブト系、まだら系にスポットを当てたこの本が好評だったことは、これらの植物を愛する趣味家が想像以上にたくさんいるということを象徴しています。これまでこの仲間はあまり育種が進んでおらず、知られている優良品種はかなり限られています。市場(一般)に出回る品種はさらに限られています。

しかしこの仲間には全く息をのむほど美しい品種がまだまだたくさんあります。それらの品種を紹介し、育種家の繁殖を後押しして一般市場に供給されるのを手助けすることも当会の大きな役割だと考えています。そのような新品種の一部が次号ハオルシア研究33号にも紹介されます。(33号は12月に発行されます)

なお、この本に対するアマゾンの読者コメント欄にハオルシアの品種名統一に反対する業者やその仲間と思われる人からの否定的なコメントが多数投稿されています。市場に流通している名前にそぐわないとか、林氏の独自名が多いとかいう批判もありますが、この人たちが言う「市場」とはサボテン業者を中心とした狭い趣味家市場であり、はるかに大きい一般市場の話ではありません。

この本の中で、サボテン業者たちが勝手につけた、国際基準に合致しない名前を使わないのは当然です。また監修者の林は国際園芸学会から指定されたハオルシア品種名の世界で唯一の登録人で、新品種名の登録可否を決定する権限や市場で混乱している品種名を整理し、正名を決定する権限を与えられています。したがって林の独自名は国際的な正名になるわけですし、それらの新しい品種名は毎年国際栽培品種登録機関の本部に報告されています。

関西で連続盗難事件

9月14日に奈良県の業者M氏温室に泥棒が入り、ハオルシアの大株、中古苗など約1万本が盗まれ、大きな被害を受けた事件は先にお知らせしましたが、その後18日には京都のN氏温室 (滋賀県) 、19日には和歌山県のK氏温室、20日には大阪府のS氏温室に泥棒が入りました。K氏の場合は未遂でしたが、他はいずれも大量の植物が盗まれ、大きな被害が出ています。

大きな被害の出たM氏、N氏はまったく防犯対策をしてなかったそうです。
M氏は若手ですが、すでに10年程度の業者歴があり、さらにハオルシアに力を入れていたわけですから、そのような業者が全く何の防犯対策もしてなかったというのは驚きです。油断というより怠慢というべきでしょう。

N氏の場合、自宅から離れた隣県に温室を立て、繁殖品や実生苗などを置いていたそうです。したがって防犯対策はしておらず、高額品もなかったようですが、有名品の繁殖苗や切り下などは相当ありました。それらがごっそり盗まれたわけですから、高額品はなかったとは言うものの、被害はやはり相当額になりそうです。

K氏の場合、温室は自宅横で、防犯対策をしてあり、それが反応したので部屋の明かりをつけて温室を見に行くと温室入口のカギが壊され、扉も開いていたそうです。おそらく泥棒は自宅の部屋の明かりがついたのを見つけ、見つかったと思って早急に退散したのでしょう。K氏は犯人の姿は見ていないということです。

S氏はハオルシアではなく、メセンの栽培家で、コノフィッツムなどの大株をたくさん育てています。詳細は分かりませんが、写真で見る限り、温室は自宅2階か屋上(屋根上?)にあり、防犯対策もしてあったそうですが、それが破られて大株がごっそり盗まれています。鉢から抜き上げ、ラベルも持って行かないなど、一連のハオルシア泥棒と同じ手口ですから、おそらく同一犯行グループの仕業と思われます。

どのような防犯対策がしてあったのか、どうしてそれが破られたかは大いに知りたいところですが、わかったらまたご報告します。

いずれにしろ、メセンまで被害にあったということは、ハオルシアに限らず、高額品であれば何でも狙われる可能性があるということを示しています。特に今はコノフィッツムが高騰していますので、メセン愛好家の方は注意してください。

今回はこれまでの事件と違い連日の犯行ですから、おそらく隣国の地下組織が情報を交換し合い、新たな窃盗団を送り込んで事件を起こしているのではないかと推測されます。現在までは関西ですが、今後中部地方、関東、さらには長野、新潟など、防犯対策が進んでいない地方にも手を伸ばしてくる可能性があります。厳重に警戒してください。

またN氏のように、大株など大事なものは自宅内 (又は近く)に置き、繁殖品などは離れた温室に置くという方も多いと思います。
このような場合、繁殖品温室は大したものは置いてないからと防犯対策をしてないことが多いですが、N氏のような著名収集家となると、繁殖品でも換金すれば相当額になるはずです。
したがって今後はそうした防犯対策をしてない繁殖品温室が狙われる可能性が非常に高いでしょう。泥棒たちの収入源になることを防ぎ、さらなる被害者を出さないためにも繁殖品温室にも防犯対策をされることを強くお勧めします。

防犯対策は自動車保険のようなものです。なくても運転できますが、万一無保険で事故を起こしてしまったらとんでもないことになります。確かに防犯対策には結構な費用が掛かりますが、繁殖品をある程度売ればまかなえる程度の費用でもあります。被害に会えば全部なくなってしまう可能性もありますから、保険だと思って、被害に会う前にぜひ防犯対策をしっかり取ってください。

玉扇錦の種子について

ヤフオクで玉扇錦等の種子を落札した人からニセ物ではないかという相談が複数寄せられています。掲示板にも投稿されています。

掲示板への投稿後、更に他の方からも同じく玉扇錦の種子を買ったのだが、偽物ではないかという相談があり、落札した現物の種子を未開封のまま、封筒ごと送ってもらいました。

簡易顕微鏡で調べたところ、これは明らかにハオルシアの種子ではありません。この方が落札した時の親苗の写真はおそらく掲示板投稿者が落札した時の親苗の写真と同じで、出品者も同じでしょう。この方が落札する前のヤフオクの画面を添付します。

truncata-seeds
(ヤフオクよりキャプチャして引用)

当会に落札種子を送っていただいた方は、この画面の出品物を落札して種子を入手したわけですが、まったくハオルシアの種子ではありませんでした。参考までに本物の玉扇の種子とこの方が落札した玉扇錦の種子の画像も添付します。落札種子のほうは未開封で撮影していますので、やや不鮮明ですが、ハオルシアの種子でないことはすぐわかります。

ニセ玉扇錦種子
 画像1:ニセ玉扇錦種子の画像(ヤフオクにて落札品)

本物玉扇種子
 画像2:本物の玉扇種子画像

現物を見ないと断定はできませんが、投稿写真からはおそらく掲示板投稿者が落札した種子も同じものと思われます。

この出品者はその後も同じ親株の写真を使って繰り返しニセ種子を売っているようです。詐欺事件の可能性がかなり高いので、さらなる被害者を出さないためにもこの出品者からヤフオクでハオルシア種子を買われた方は警察に被害届を出す、少なくとも相談に行かれることをお勧めします。当会に落札種子を送っていただいた方も被害届を出すそうです。

警察に被害届を出す(または相談に行く)際には、送られてきた種子をできるだけ未開封のまま警察に持って行ってください。開封すると、それが本当にその出品者から送られてきたものかどうか、という点で疑問が生じることになります。

いずれにしても、ハオルシアの種子は小さいので、相当慣れた人でないと本物とニセ物の区別をつけるのはむつかしく、さらにもし本物のハオルシアの種子だとしても、斑入りでない駄物の玉扇の種子と、玉扇錦の種子を区別することは不可能です。マキシマ類を除き、ハオルシアの種子はどれもほとんど同じなので、例えば種子ができやすいレツサなどの種子を万象錦の種子と称して売られても区別できません。
蒔いた種子が大きくなって万象ではないとわかっても、それが落札した種子から育ったものだという証明をすることも不可能です。

今回はハオルシア以外の種子だったので、偽物と分かりましたが、同じハオルシアの種子だったら、有名品や斑入りの種子と駄物の種子とを区別することはできません。
すでに何度も指摘していますが、種子は信用ある相手から購入しないと、だまされても泣き寝入りするしかありませんので、くれぐれも注意してください。出品時の品種名や親株の写真も全くあてにならないということにも留意してください。

☆コメントは承認後に公開されます。
☆品種等の質問はハオルシア協会会員に限定します。

Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Comments
  • ライブドアブログ