リビダとその近縁まだら系

リビダ(H. livida)は一般に直径5cm以下の小型種ですが、葉の表裏に大きな斑紋があり、それらが繋がって、まだら模様の窓になる美しい種です。産地はWorcesterの東の低い丘陵の斜面に一か所だけが知られています。この丘には他にH. pubescensとH. pallidaが生えています。

H. lividaとH. pubescensは草姿や大きさが非常によく似ているだけでなく、花の形や開花期も全く同じです。一方、H. pallidaの開花期は全く異なり、H. lividaやH. pubescensの開花期とは重なりません。また花の形も全く違います。

Photo 1  H. livida D=5
写真1. H. livida D=5

Photo 2  D=5
写真2. H. livida D=5

写真1~2は最近輸入されたH. lividaです。写真1は一般に流通している平均的な型に近いものですが、斑紋が大きく、ほぼは全体が窓になる非常に美しいものです。写真2もやはり斑紋が多く、それがつながって斑紋というより格子状の窓になり、マガダスカルの水草、レース草を想起させます。葉の半分以上が窓という美個体です。

Photo 3  H. livida D=3.5
写真3. H. livida D=3.5

写真3はH. pubescensとして輸入したもので、当初は窓が全くなく、しかしH. pubescensの特徴である微小繊毛もほとんどない、変な個体でした。ところがこれを育てていたら、写真のように葉に大きな窓が出現し、どうもこれはH. lividaらしいということになりました。しかしよく見ると葉の表面や葉辺に微小繊毛のあることがわかります。H. lividaの場合、葉辺にあるのは微小繊毛ではなく、はっきり鋸歯と判断できる大きさの突起(刺)です。

Photo 4  H. cf. livida D=4
写真4. H. cf. livida D=4

写真4は同じくH. pubescensとして輸入したもので、葉全面に微小繊毛が生え、その点ではH. pubescensと判断してもおかしくはない個体です。しかし輸入当初から葉色が薄く、何か変だなと思っていたのですが、育ててみたら斑紋状の窓が顕著になり、どうもこれもH. lividaらしいです。しかしこの株は葉の葉辺はもちろん、葉の表裏全面に微小繊毛が生え、この点では明らかにH. pubescensです。

写真3と写真4の個体は斑紋状の窓がある点ではH. lividaですが、葉の表面に微小繊毛がある点ではH. pubescensです。つまり両種の特徴が混ざり合った中間型と見られます。

写真2、3,4は同じ時にもう1本のH. lividaと一緒に南アフリカから輸入したもので、輸入時の株や根の形状から見て、実生苗ではなく野生株と思われます。

南アフリカでもH. lividaやH. pubescensの産地を知っているのはごく少数で、相当ハオルシアに詳しい人だけです。同一亜属のハオルシアの産地は例外なく地理的によく分離されており、あるいは産地が近ければ花期によって生殖的に隔離されています。
そうしてみると、これら個体を採集した、ハオルシアに相当詳しい人が種の同定を間違えたということは、この2種は混生しているか、少なくとも産地が分離していないことを示しています。つまりH. lividaはH. pubescensの群落中の有窓の特異個体である可能性がかなり高いと言えます。結論には詳細な産地調査が必要ですが、もしそうならH. lividaは種ではなく、H. pubescensの特異個体群である品種グループだということになります。

このような場合、H. lividaやこれら中間型をどう呼ぶかという問題ですが、H. lividaあるいはH. pubescens、またはH. pubescens var. lividaのいずれの名も種や変種として産地が分離していないなら正確ではなく、集団中の特異個体の品種グループとしてLivida とするのが妥当です(グループ品種名には一重引用符を付けません)。

Photo 5  H. lividioides nom. nud.  D=8
写真5. H. lividioides nom. nud.  D=8

Photo 6  大型 lividioides  D=10
写真6. H. lividioides nom. nud.  D=10

Worcester周辺からNamaqualandにかけてはH. lividaと同じく、葉に斑紋(気泡紋)やそれが繋がったまだら窓のある美しい種が多数あります。比較的よく知られているものではWorcester南のH. maculate、あまり知られていないWorcester東のH. lividioides nom. nud.(写真5、6)、ほとんど知られていないWorcester 北東、Hexrivier西側のH. hexia nom. nud.(写真7、8)があります。

Photo 7  H. hexia nom. nud.  D=9.5
写真7. H. hexia nom. nud.  D=9.5

Photo 8  H. hexia nom. nud.   D=7
写真8. H. hexia nom. nud.  D=7

H. lividioides nom. nud. はH. maculataに近いですが、窓ははるかに大きく、斑紋というより細かな格子状窓になります。葉先1/3から半分近くが窓になる美種です。一般には直径7~8cmですが、直径10cmを超える大型個体(写真6)もあります。

H. hexia nom. nud. はHexrivier東側のH. limbataと近縁ですが、鋸歯はより弱く、斑紋はより多く、写真の個体のように美しいまだら窓になるものも稀ではありません。窓の大きな個体では薄い赤褐色に色づく場合が多く大変きれいですが、Kanetvlei(2010年にSheilamからH. cf. nortieriとして発売された)など産地によっては窓が小さく、全く色づかない場合もあります。

Photo 9  H.  citrina nom. nud.  D=8
写真9. H. citrina nom. nud.  D=8

Photo 10  H. citrina nom. nud. D=9.5
写真10. H. citrina nom. nud.  D=9.5

H. hexiaから北に100kmほど行ったところには、おそらく全く知られていないH. citrina nom. nud.(写真9、10)があります。距離は離れていますが、間違いなくH. hexiaに近縁です。写真の個体は見事な橙色(オレンジ色)ですが、平均的にはより淡色の黄橙色なので“citrina”と名付けました。

地理的にはH. nortieriに近いのですが、形態的にはむしろH. dimorphaに近く、オレンジ黄色のH. dimorphaといった感じです。なお写真の植物はいずれも87.5%遮光下で栽培されているものです。冬でも色はさめませんが、H. hexiaと同じく、夏でもほとんど色づかない個体もあります。
H. livida自身も含め、これらの近縁種はいずれも初夏(6月)咲きです。

ブログのコメントへの回答(3)

5月31日に更にコメントを頂いておりますのでこちらにて回答致します。

『ハオルチア協会の意図がグループ品種の登録だったとしても種小名は類似の商標になり同様に規制されます。大文字と小文字は学術面では違いますが、商標においては類似の商標と認められます。
逆にlividaが「普通名称」なのであればLividaを登録するのは不可能です。残念ながら特許庁の担当者にはあまり詳しい方がいなかったようで通ってしまったようですが。
大体「学名が「普通の名称」に当たるかどうかは特許庁が判断することです。」と書いていますし学名を商標登録したと理解していますよね?
学名を一般的には使われていないからと商標に登録し一部の人間の利益として利用するのは良識のある判断とは到底思えませんが如何でしょうか。
例えHaworthia lividaについては問題が無かったとしてもUtricularia lividaやOxalis lividaなどの商品表示まで商標権の侵害になってしまいますがその点はどうお考えですか?』

=======================================================
まずこの問題のこれまでの経緯と現在の状況を整理しておきましょう

(1)ハオルシアではこの数十年ずっと人気が拡大してきていますので、常に大量の初心者がいる状況が今日まで続いています。これが今回の事件の大きな背景です。

(2)ところが一部の大手サボテン業者はこの状況を利用して、有名品種の名前や類似した名前を勝手に別の品種に付けて販売し、あるいはすでに一定の名前で流通している品種に勝手に別名をつけて新品種であるかの如く装って発売し、さらには名前を付ければ売れるからと特徴の乏しい雑種の実生兄弟に片端から適当な名前を付けて売り出すなど、品種名をごまかして初心者をだますような商売を続けてきました。これが問題の発端です。

(3)そこで当会は明治以降のハオルシア品種名1万件以上を、園芸植物名の国際標準である国際栽培植物命名規約に基づいて7年かけて整理し、これを2013年に「ハオルシア品種名総覧」として出版しました。この出版が評価され、2014年には国際園芸学会から当会がハオルシアの国際栽培品種登録機関に指定され、代表理事の林がその登録人に指名されました。

(4)当会はこれをもとにサボテン業者らにハオルシア品種名の統一を呼びかけましたが、品種名が統一されると品種名をごまかす商売ができなくなるので、前記業者らはこぞってこれに反対し、国威栽培植物命名規約を無視すると宣言し、あるいは無視を呼びかけ、さらには品種名統一を進める当会に協力しないように同業者や顧客に圧力をかける始末でした。

(5)そこで当会はやむを得ず、品種名統一の手段としてこれら業者やその追随者に強制的に正名を使わせ、あるいは異名や重複名を排除するために、重要な品種名を商標登録することにした次第です。

(6)したがって当会の登録商標は当会が独占的に使用するためではなく、利用者に国際栽培植物命名規約に基づいた正名を使ってもらうことが主要目的です。そのため、使用許諾を非会員にも開放し、使用料金も包括契約でごく低額に抑ええています。また今後は会員など第三者が使うための公益目的での登録であることを明確にするために、一般の商標ではなく団体商標とする予定です。

さて、種名(正しくは種小名。以下同じ)を商標登録することに対する批判ですが、あなたは商標が名前(名辞)だけのものである、という基本的事項を見落としているようです。申請された商標が個体品種名かグループ品種名か、はたまた種小名かは商標審査上問題ではありません。商品区分が31類(生きた動植物)だからといって、申請された名前が品種名であるとは限りません。花輪や寄せ植え、ドライフラワーの商品名かもしれませんし、盆栽の銘(号名)かもしれません。商標は品種登録と違い、その名前が何を指すか(何の名前か)は基本的に問題外です。

さらに商標法上、学名や種名が登録不可ということはどこにも書いてありません。審査上問題となるのはその名前が商品区分や指定商品分野で取引業者や需要者がその名前をすでによく知っているか、その分野で他に同じ名前が使われていて混同する恐れがないか、などです。この「取引業者や需要者の間でよく知られ、使われている」ことが「普通の名称」という用語の意味です。種名あるいは学名だから「普通の名称」あるいは「普通名称」というわけではありません。(種名は普通名詞(概念の名)ではなく、固有名詞と考えられています。)

学名に限らず、一般に使われていない名前を商標登録するのは当たり前の話です。すでによく知られている名前では登録できません。ただしこのところ毎回のようにブログでお知らせしている通り、当会では登録した商標を独占することはせず、非会員も含めて低額で一般公開します。登録商標を独占したり、高額の使用料を徴収する予定はありません。

それにもかかわらずあなたは「学名を一般的には使われていないからと商標に登録し一部の人間の利益として利用するのは良識のある判断とは到底思えませんが如何でしょうか。」と故意に曲解し、非難しています。「一部の人間の利益として利用する」などと言う表現はまったく悪意を持った中傷で、「良識のある判断」をするべきなのはあなたの方ではないですか?このところ数回のブログをよく読み直してください。

匿名であることを隠れ蓑に、このような悪意を持った曲解や中傷をすることは名誉棄損になりますので、ご注意ください。また今回は対応しましたが、あなたに限らず、このような当会の信用失墜を狙った悪意のある曲解や批判、中傷に対応するのは時間の無駄ですから、今後は一切対応せず、投稿されたコメントも表示しません。

当会の商標登録に反対する人は、登録されたらその名前は使えない、と誤解しているようですが、会員、非会員にかかわらず、当会との包括契約により簡便かつ低額で使用できます。国際栽培植物命名規約の遵守が条件ですが、国際栽培植物命名規約の遵守は園芸愛好家にとっては当たり前の話です。

それにもかかわらず、種名は商標登録すべきでない、などと商標登録に反対したり批判したりする本当の理由は、品種名の統一に反対する業者などから種々の便宜供与を受けているためでしょう。しかしそのような行動は利己的な損得を優先して愛好家全体の迷惑を無視することになる、ということをよく考えてください。

商標に限らず、特許でも意匠でも、なるべく広い範囲で権利が取れるよう工夫して申請するのは常識です。それが知的財産権というものの基本的性質です。種名的品種名やグループ名は対象範囲が広いから登録すべきでないなどという批判は論外で、「良識」の問題ではありません。そのような対象の広い商標は独占すべきでないから、他の人も使えるようにすべきだ、という主張なら一理ありますが、それも権利者の判断次第です。

繰り返しになりますが、何よりも商標というものが名前だけの話で、それが何を指し示すか、(個体品種か、グループ品種か、種か、あるいは生花やドライフラワーの商品などか)ということには関係ないという点を再確認する必要があるでしょう。学名か種名かなど、言葉の指し示す対象の属性によって登録の可否が決定されるのではなく、その言葉が、指定商品の取引業者や需要者の間でどの程度認識され、使われているかが基本的な登録基準です。

最後にUtricularia lividaやOxalis lividaも確かに当会商標権の対象ですが、ハオルシア以外の属について「Livida」商標の使用を希望される方には無償で使用を許諾します。

ブログのコメントへの回答(2)

引き続きブログ記事に以下のコメントを頂きましたので、こちらにて回答致します。

『交配種の登録についてはその是非はともかく理解しました。 しかし原種の登録については納得できません。
そもそも学名は「普通の名称」に当たり、商標登録すること自体がおかしいのではないのですか?
商品区分が被ってしまっている以上、リビダやクーペリーなど様々な学名が他の植物でも販売等に使えないという事態が起きますが一体どうするつもりなのでしょう?
また、偽物を駆逐することに使うと書かれていましたが本物の場合はどうするのでしょうか?交配種と同様にこの名称を販売等に使うのならハオルシア協会と契約する必要があるのでしょうか?』

=======================================================

学名が「普通の名称」に当たるかどうかは特許庁が判断することです。これが登録されたからと言って当会が非難されるいわれは全くありません。
一般的には種名は固有名詞と考えられており、その集合である「種」という言葉(概念)が普通名詞になります。
H. lividaもLividaも普通名詞ではなく、固有名詞ですし、仮に学名H. lividaが「普通名称」だと判断されたとしても、交配種を含む近似形態の個体群であるLivida(グループ品種)が普通名称であるかどうかは別問題です。

特許庁の審査の基準はその言葉が取引業者や需要者の間で一般的に知られ、使用されているかがポイントです。
多肉植物を扱う園芸店やホームセンターの担当者、あるいはハオルシアを買う可能性のある一般の多肉植物愛好家の間で、H. lividaやLividaという言葉がどれくらい知られており、使われているかというと、おそらくほとんどの人は全く知らないでしょう。

およそ30万人から100万人がハオルシアの需要者ですが、このうちマニア層はせいぜい1000人程度です。したがってマニアの間では普通に使われているという意味で普通の名称だとしても、需要者一般の間ではまったく“普通”の名称ではありません。

そもそも例えば「Livida」は学名ではなく、H. lividaとそれに近似した交配種を含むグループ品種名です。
それにH. lividaとH. pubescensは同じ山の同じ斜面にごく近接(ほとんど混生?)して生えており、産地はどちらもこの1か所だけで、中間型もかなりあります。

株の大きさ、草姿、花の形状、開花期も同じですから、調査が進めば同一種と判断される可能性もかなりあります。有毛個体と無毛個体、あるいは有斑点個体と無斑点個体が混生している例は他種でもよくあります。

そうなると“H.livida”はH. pubescensと同一種の中の1つの型と考えられ、特異型品種としてH.pubescens ‘Livida’ と表記するのが正しいということになります。つまり他の品種と同じことになります。H. lividaとH. pubescensの分類的関係については近日中に写真を添えて説明します。

商標登録された名前は販売に使えないわけではありません。当会と包括契約すれば簡便にかつ低額で使用できます。非会員でも契約できますから、大いに利用してください。

ただし契約には国際栽培植物命名規約の遵守が条件になりますから、同規約に従いたくない人は契約できません。契約しない人が登録商標を使えないのは当然です。

なお、商品表示としてではなく、例えば分類的議論の中で学名として使う場合には商標法の対象外ですから全く制限を受けません。


☆コメントは承認後に公開されます。
☆品種等の質問はハオルシア協会会員に限定します。

Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Comments
  • ライブドアブログ