コレクタ類   文と写真:林雅彦

昔から玉扇、万象、それにコレクタがハオルシア園芸の最高峰と言われていた。この3種は窓の紋様の変化が大きく、紋様が個体ごとに大きく異なるのはもちろん、葉ごとにも微妙に、時には大きく異なり、新しい葉が出るたびにその変化を楽しむことができる。その点でオモトやイワヒバなどの葉紋園芸全体でも最高峰と言っても過言ではない。

葉の紋様でも花の紋様でも、紋様には大きく分けて3通りある。1つは点模様で、2つ目は線模様、3つ目はその中間ともいえるまだら模様で、点模様の点が大きくなって連結し、まだら模様になるものである。

ハオルシアで言うと、ピクタやスプレンデンスは点模様であり、玉扇、万象、コレクタは線模様である。まだら模様はいわゆるまだら系の植物、リビダやノルテリーなどが代表である。点模様植物の多くは点模様に多少線模様が入り、これが変異を大きくしている。

 

バンダなどランや他の園芸植物でも点模様の品種群と線模様の品種群とがある植物群では、一般に線模様の品種群の方が評価が高い。これは点模様より線模様の方が変化が大きく、紋様の変化をより楽しめるからである。ハオルシアでも同じでピクタやスプレンデンスは点模様が密になり、真っ白になってしまうとそれ以上改良するのはなかなか難しい。

もっともこの点は玉扇や万象でも同じで、白線が多くなって窓が真っ白になってしまうと、それ以上は改良が進まない。後は葉型や大きさの改良に焦点が移ってしまう。

コレクタでも特網系のように網目模様が密になると、葉ごとの変化は認識できない。線模様の品種でも模様が粗すぎず、細かすぎず、適当な密度でその変化を追えるのが理想である。

 

海外からの投機目的での資金流入により、高騰した玉扇、万象のバブル価格は培養苗の大量流通により沈静化し、今後もこの状態が続くと思われる。一方、コレクタは優良品種がほとんど市場に出回っていなかったために投機の対象とならず、価格もそれほど大きく変動していない。

園芸的に見た場合、育種の将来性という点ではコレクタ類は玉扇、万象より大きな可能性があると見ているが、その理由は以下の通りである。

 

(1)近縁種が多く、改良の可能性が高い。

玉扇、万象はサボテンの有星類と同じで、ほとんど近縁種がなく、飛躍的な改良が難しい。

コレクタ類には園芸的中心種であるH. laeta (ジュピターなど大型明色型)H. bayeri (暗色中小型)の他、ザラ窓透明葉のH. hayashii、美しい翡翠色のH. jadea、暗青緑色のH. indigoa、点線模様のH. truteriorum、など多くの種がある。

また近縁種にはH. comptonianaH. springbokvlakensisがあり、さらにH. muticaH. sankatai 他のほとんどのレツサ類との交配でも実生苗に違和感がない。玉扇や万象だとレツサ類やオブト類など、他グループとの交配実生苗の多くは葉がよじれるなど、形が美的でない。

コレクタ類ではどのレツサ類との交配でも園芸的に美しいものが作出されている。したがって今後もコレクタ類を中心とした多くの優良品種が育成される可能性が高い。

 

(2)窓が大きい。

紋様は窓にあるから、窓の大きいことは観賞上、大きなポイントである。万象では窓径が3cmを超える品種はほとんどないが、コレクタでは大型品種はみな葉幅3cmを超え、中には4cm以上になる見事な巨大葉の品種もある。大型レツサでも葉幅4cm以上というのはあまりないが、透明窓に鮮明な紋様が入って葉幅4cmというのは非常に見ごたえがある。

葉幅4cmには届かないとしても、大型のジュピター実生なら、どれもうまく作れば葉幅3cm以上にはなる。ジュピター実生には巨大葉でありながら鮮明な紋様のものがたくさんあるので、それで葉幅4cm近くまでなればまったく見事である。

なお、玉扇には葉幅5cmを超える巨大型品種もたくさんあるが、窓面積で比べるとやはりコレクタの方が大きい。

 

(3)窓の透明感が高い。

コレクタはレツサ系のみならず、全ハオルシア中、最も窓の透明感の強い種の一つである。もっともオブト類や一部のレース系のような、透過窓ではないために、その透明性はあまり認識されないが、夕日など、斜めから差し込む光の中で見ると窓の透明性がよく認識できる。

園芸的に見てハオルシアの最大の特徴は大きな透明窓のあることで、レツサ系でも紋様はなくても透明感の強い窓を持つH. badiaH. atrofuscaなどが人気な理由である。H. comptonianaでも水晶コンプトなど、透明感の強い品種の人気は非常に高い。

玉扇、万象が国内でおよそ300人~最大1000人のハオルシアマニアには人気でも、全国におよそ30万人から100万人はいると見られる一般多肉植物愛好家にはほとんど見向きもされないのは、窓に透明感がないからである。オーロラ系は多少透明窓であるが、それでもコレクタ類の窓の透明感とは比べ物にならない。

したがってコレクタ類はその窓の透明感ゆえに、膨大な人口の一般多肉植物愛好家にも大きな人気を得る可能性が高い。

 

 私(林)はコレクタ、特にジュノー系(ジュピター実生)の育種に長年取り組んできたが、その多くは番号で整理されている。整理の仕方は万象の山本氏とほぼ同じで、実生して一定の大きさになった時に親や出所の記号(アルファベット)と番号を順につけ、特に良いものは品種名を付ける。中には整理番号なしで品種名が付けられものもある。次の表 () が林コレクタの整理番号と品種名で、表(2)は無番号の名品、表(3)以降はそれらをグループ別にまとめたものである。一つの品種がいくつかの表に重複して出ている場合もある。


表




 以下、この中からいくつか写真を紹介する。

 表(1)は主にJP番号(ジュピター実生)の品種である。JP-1からJP-9まではジュピター実生を代表する名品で、いずれも太い鮮明白線で粗い網目模様の品種である。アロワナ、ピラルク、天満宮の3品種は特に大型大窓で、かつ窓の透明感が非常に高い。

 

アロワナ(写真1)は幅広ダルマ葉でありながら、スコット模様という、非常に変わった組み合わせの個体で、窓の中(組織の中心部)に白雲が出て(中雲)透明感がより強調される。写真は中苗時のもので、成長すると株径19cm、葉幅4.3cm(巨人兵より大きい)に達する。


写真1 アロワナ D=13.5 LW=3
写真1 アロワナ D=13.5 LW=3


ピラルク(写真2)と天満宮(写真3)は黄色がかった葉色が特徴で、窓は非常に透明。ピラルクはダルマ葉で径15cm、葉幅3cm。天満宮も同じく径15cm、葉幅3cmあるが、葉がやや細長いので、それほど葉幅があるようには見えない。


写真2 ピラルク D=15 LW=3 (3)

写真2 ピラルク D=15 LW=3 (3)


写真3 天満宮 D=15 LW=3


写真3 天満宮 D=15 LW=3


JP- 4稲荷山からからJP-9九鬼山まではJP-1JP-3より濃緑色肌の品種群である。

稲荷山(写真4)はもともと非常に大型だが、径13cmを超えてからさらに葉が大きくなる。


写真4 稲荷山 D=15 LW=3.


写真4 稲荷山 D=15 LW=3.


五番街(写真5)JP-4からJP-9までの中では最も透明感の強い窓を持ち、直線的で端正な模様となる。中苗の写真しか撮ってないが、完成するとずっと線は太く明瞭になる。


写真5 五番街

写真5 五番街


六角堂(写真6)は丸みを帯びた窓に太い白線が入り、全体として非常に端正な株姿となる。


写真6 六角堂 D=17 LW=2.7


写真6 六角堂 D=17 LW=2.7


夢舞台(写真7)は六角堂に似るが、アロワナのように中雲が出るので、透明感が強い。


写真7 夢舞台 D=14.5 LW=3.3


写真7 夢舞台 D=14.5 LW=3.3


八幡宮(写真8)はコレクタ全体でも、最も端正な株姿で、丸みを帯びた葉型は非常に安定している。模様もやや粗い網目模様が非常に端正に入る。たぶん1株も流通していない。


写真8 八幡宮 D=14 LW=3.3


写真8 八幡宮 D=14 LW=3.3


九鬼山(写真9)は八幡宮に似る。葉型は八幡宮ほど安定しないが、窓はより透明感がある。

JP-2からJP-9の各品種はいずれも径15cm程度、葉幅3㎝前後となる。


写真9 九鬼山 D=14.5 LW=2.7


写真9 九鬼山 D=14.5 LW=2.7

 

表1の他の品種は次回以降に紹介する。

 

グロエンワルディ(H. groenewaldii) 林 雅彦 (HAYASHI Masahiko)

グロエンワルディはごく最近発見された種だが、培養によって大量に繁殖され、良く普及している。繁殖されているのは写真①のような、小型丸葉で、窓部分に大きめの白点が散在するものだが、① H. groenewaldii MH 20-002 D=4.5

① H. groenewaldii MH 20-002 D=4.5


このような白点のある個体は産地では大変少なく、全体の10%もないと言われている。大部分は白点の全くない、しかしより大型の個体らしい。

 

ところで一般に出回っている培養苗と異なり、実生苗にはかなりの変異があるが、ほとんど知られていない。ここではその一部を紹介する。

写真②はハオルシア研究33号で紹介された‘ルリヤンマ’で、大型だが白点がたくさんあるという特異個体である。現在は直径9cmになっている。

② H. groenewaldii MH13-76 D=8 LW=2 ルリヤンマ

② H. groenewaldii MH13-76 D=8 LW=2 ルリヤンマ


写真③は密な白点の中央に緑の地が浮かび上がるという、珍しい模様の個体である。

③ H. groenewaldii MH 11-144 D=8
③ H. groenewaldii MH 11-144 D=8


写真④は白点が非常に多く、窓全体がほとんど真っ白という特異個体である。

④ H. groenewaldii MH 13-214 D=6.5

④ H. groenewaldii MH 13-214 D=6.5


サネカタイ(H. sanekatai ドリューホワイトやホワイトウイドウの原種)の白はややかすんで緑がかるが、グロエンワルディの白点は雪白と言えるくらい白い。

 

写真⑤は白点の全くない個体のうち、特に蒼緑色で大型の個体である。

⑤ H. groenewaldii MH13-135 D=6.5 LW=2
⑤ H. groenewaldii MH13-135 D=6.5 LW=2


葉の大きさから見ると‘ルリヤンマ’と同じく直径10cm近くまで大きくなると予想される。葉型や色調、窓の線などからは本種がムチカ(H. mutica)の祖先ではないかと疑わせる。

 

写真⑥は同じく白点のない個体だが、白点が太い白線の一部となっている特異個体である。

⑥ H. groenewaldii - GM 695 D=4.2
⑥ H. groenewaldii - GM 695 D=4.2


雪白の白点が白線と重なっているので、線が非常に白く太い。

 

写真⑦はH. sp. novaとして紹介された個体だが、グロエンワルディの産地に近く、おそらく、フロリブンダ(H. floribunda)からグロエンワルディに移行する中間型ではないかと思われる。

⑦ H. sp nova or H. groenewaldii D=4
⑦ H. sp nova or H. groenewaldii D=4


グロエンワルディは平均して小型で非常に成長が遅く、組織が硬く、かつ葉先が丸いという特徴があるが、これはフロリブンダから引き継いだ形質と見ることができる。

写真⑧と⑨も同じくH. sp. novaとして紹介された個体で、産地も写真⑦と同じである。

⑧ H. sp. nova or H. groenewaldii
⑧ H. sp. nova or H. groenewaldii


⑨ H. sp. nova or H. groenewaldii D=5

⑨ H. sp. nova or H. groenewaldii D=5


写真⑦、⑧、⑨の3個体は白点は全くないが、窓の複眼状微小突起がH. groenewaldiiと同じであり、産地も近いことから、むしろH. groenewaldiiの単なる別群落という可能性もある。この群落がH. groenewaldii と同一種で、単なる別群落なのか、変種なのか、あるいは独立した別種なのかは、もう少し群落のサンプル個体を集めてみないと判定できない。

 

写真⑩は‘White Widow’ x ‘Drew White’として紹介された個体だが、窓面の白点と複眼状微小突起から、おそらく‘White Widow’にグロエンワルディがかかったものと推定される。

⑩ H. mutica 'White Widow' x 'Drew White' D=6
⑩ H. mutica 'White Widow' x 'Drew White' D=6 (can be a hybrid of H. groenewaldii)



ハオルシアの耐陰性 記事と写真:林雅彦

ハオルシアは葉の紋様や付属物(鋸歯や結節)が全植物中、もっとも多様な植物である。そして多くのグループでは葉先や葉の上面に窓と呼ばれる透明部分のあることも大きな特徴で、中には葉の半分以上が窓である様な個体もある。この透明な窓とそこに形成される紋様や付属物とが相まって、非常に多彩で美しい植物となっている。
 一方、あまり認識されていないが、ハオルシアは多肉植物では非常に珍しい陰性植物で、室内などの弱光下でも栽培できる数少ない多肉植物である。多肉植物は一般に成長は遅いが丈夫で、旅行などでしばらく水をやらなくても全く心配ないなどの長所がある。非常に丈夫であまり手間がかからないという長所と、室内でも育てられるという長所を生かせば、セントポーリアをしのぐ室内園芸の女王となれる可能性があると見ている。
 ただしハオルシアは陰性植物と言っても、グループや種により、その耐陰性(日陰に耐えて育つ能力)には大きな差があり、これをよく理解していないとうまく育てられない。

 玉扇や万象、あるいはピクタやスプレンデンスなど、大部分のレツサ系はおおむね8,000 ~10,000ルクス、上限12,000ルクス程度の強度の光で栽培すると締まって形よく作れる。
 例外はコレクタとスプリングで、コレクタはおおむね6,000~8,000ルクス程度が適当で、これ以上強い光ではよほど根が張っていないと日焼けを起こして成長が止まってしまう。
 スプリングはさらに耐陰性が強く、4~5000ルクスもあれば十分育つ。4000ルクスと言えば明るい居室の明るさだから、室内でも十分育てられるはずである。反対に6000ルクス以上ではほとんど成長しないか、成長しても小型化してしまう。

 オブト系とシンビ系は大部分のレツサ系と同じく、8000ルクスから10000ルクス程度の光が最も適しているようである。ただオブト系はシンビ系より耐陰性が強く、6000ルクスでもあまり徒長することなく育つが、宝草錦や京の花錦などシンビ系は6000ルクスでは徒長してだらしなくなってしまう。
 その他大部分のレース系はおおむねやや弱光線の6000~8000ルクス程度が適しているようである。レース系は8000ルクス以上だと葉先が枯れて見苦しくなってしまう。さらにディモルファとかアグニス、ペールマニアエなどの難物は強光にすると弱って死んでしまうことが多いので、要注意である。

 室内栽培できる多肉植物というのは、今後園芸界の大きな方向性として大いに注目されるのだが、陰性植物であるハオルシアでも一般的な明るい居室の明るさである4000ルクスというのは、結構厳しい条件である。丈夫でよく室内栽培される宝草錦や京の華錦、ミルキークラウドでも室内の弱光線下で徒長してしまい、だらしなくなった姿をしばしば見かける。
 これを克服する方法の一つが、補助光源として照明スタンドなどの下に置くか、あるいは小型の照明付き室内温室があれば最適だが、あまり費用が掛かるようだと難しい。

 室内栽培での徒長を克服するもう一つの方法が、より耐陰性が高い品種を育成することである。目標は一般的な明るい居室の4000ルクス程度の光条件でも徒長しない、あるいは見苦しくない形で育つ品種ということになるが、ここではこの目標に合致する、あるいはそれに近い品種をいくつか紹介する。

 オブツーサ(H. obtuse)や紫オブト(H. vista)は一般に光条件の幅が広く、6000ルクスから10000ルクス程度までの幅広い環境で形よく作れる。誤ってクーペリー(H. cooperi)と呼ばれている植物はほとんどがオブツーサの尖り葉タイプの個体で、群落によって種が分けられているが、すべて同じような光条件でうまく作れる。ただしほとんどのオブト類は6000ルクス以下の環境では徒長して脊丈が直径より大きくなってしまう。
 薄紫(写真1)は直径7~8cmくらいまで大きくなり、丸頭で禾がないので紫オブトの一つとしているが、仔吹きが非常に良いので紫オブト(H. vista)ではなく、超大型のH. bolonia(Bolo産の小型丸頭無禾オブト)だと見られる。紫オブトほど濃い紫色にはならないが、仔を丁寧に外して作れば、写真のように単頭でほとんど紫オブトと変わらない姿になる。
写真1 薄紫 径7.5cm 4,000ルクス
写真1 薄紫 径7.5cm 4,000ルクス

 おそらくほとんど認識されていないが、薄紫の最大の特徴は、耐陰性が非常に高く、写真1のように4000ルクスでも全く徒長せずに作れることである。徒長しないどころか、かなりの弱光線下で栽培しても背丈が直径よりずっと低く、形よく扁平に作れる。またこの特徴は直径5~6cm程度の中苗でも発揮される。薄紫はクローン的には複数個体あると見られ、扁平さの程度には差があるが、どのクローンも弱光線下でも扁平に育つ点に変わりはない。
ただし薄紫のこの特徴はこの品種独特のもので、原種のH. boloniaでは大型個体でもこのようにはならず、大株になると丈高くなり、大量に仔吹して形が崩れてしまう(写真2)。
写真2 大型のH. bolonia 径7cm 4,000rクス
写真2 大型のH. bolonia 径7cm 4,000ルクス

京の華錦は丈夫でよく繁殖し、宝草錦より透明感があるのでより美しく見える。ただし成長が早いので、8,000ルクス以下では間延びして葉が垂れ下がり、見苦しくなってしまう。しかし京の華錦として扱われている個体にはいくつもの変異(枝変わりか実生)があり、中にはより短葉で葉が垂れにくいものもある。
花乙女(写真3)はその一つで、京の華錦より幅広短葉で、7,000ルクス程度でも葉が垂れず形よく育つ。縞乙女(写真4)は花乙女よりさらに幅広短葉で形よく育つが、8,000ルクス以下の弱光線では葉は垂れないものの、やや葉が長くなり花乙女と区別しがたい。もともと京の華錦から選抜したものなので中間型もかなりあり、品種として花乙女との識別性にやや疑問が残る。
写真3 花乙女 D=9 7,000ルクス
写真3 花乙女 D=9 7,000ルクス

写真4 縞乙女 D=7 8,000ルクス
写真4 縞乙女 D=7 8,000ルクス

 花乙女にも縞乙女にもノリ斑個体が出現するが(写真5)、ノリ斑は葉緑体が少ないので性が弱くて葉が細長くなり、京の華錦のノリ斑、すなわちサラダ記念日と区別がつかない。すべて同じ品種=サラダ記念日として扱うべきと思われる。
写真5 サラダ記念日 D=7.5 7,000ルクス
写真5 サラダ記念日 D=7.5 7,000ルクス

 なお、余談だが、宝草錦にもノリ斑があり、金閣寺と名付けられている(写真6)。ノリ斑は安定しているが繁殖しにくく、またまれにしか出現しないのでほとんど流通していない。大型で非常に派手なうえに丈夫で育てやすいという優良品種だが、もとは宝草なので耐陰性は弱く、8,000ルクス以下では徒長してしまう。
写真6 金閣寺(宝草錦ノリ斑)D=12 8,000ルクス
写真6 金閣寺(宝草錦ノリ斑)D=12 8,000ルクス

外見的には白蛇伝に近く、黄色の白蛇伝といった感じである。白蛇伝の交配親か、あるいは金蛇伝とも兄弟の可能性があると見ている。

余談ついでにノリ斑として最も普及しているものにミルキークラウドがある。ミルキークラウドはきれいなのでよく室内栽培されるが、6,000ルクス以下では徒長して見苦しくなってしまう。一方、8,000ルクス以上では葉先が焼けて茶色になってしまう。丈夫ではあるが、きれいに作るためには光条件の調節が意外と難しい。
ミルキークラウドの斑の入り方や斑色には個体によりかなり差がある。斑色がさえて白に近いほどきれいだが、そのような個体の内、葉上面にまったく葉緑部分の見えないものがピュアホワイトと呼ばれている(写真7)。
写真7 ピュアホワイト D=11  7,000ルクス
写真7 ピュアホワイト D=11  7,000ルクス

葉のどこにもまったく葉緑部分がなければ、ミルキークラウドのように丈夫な品種でもやがて枯れてしまう。これはすべてのノリ斑に共通した注意事項である。ただ、まとまった葉緑部分がなくても、中心部などの葉の中に緑がかった色がある個体はその部分の葉緑だけで成長する。コンプトやコレクタのノリ斑、あるいはルリ殿などの硬葉の斑には時々そのような個体がある。非常に美しいが、繁殖は困難である。

ところで京の華錦の仲間には花乙女などよりさらに耐陰性の強い品種があり、恋乙女と名付けられた(写真8)。この品種も京の華錦、特にその濃色幅広葉変異の恋の華錦(写真9)とかなり似ているが、京の華系の変異個体はいずれも明緑色で葉に強い光沢があるのに対し、恋乙女はより濃い緑で艶消しである。恋乙女のもっとも大きな特徴は非常に耐陰性が強く、4~5000ルクスでもまったく徒長しないことである。短葉なので葉が垂れて見苦しくなることもなく、地色が濃いので斑も鮮明で非常に良い品種である。花乙女などよりやや小型である。
写真8 恋乙女 径7cm 5,000ルクス
写真8 恋乙女 径7cm 5,000ルクス

写真9 恋の華錦 D=8 7,000ルクス
写真9 恋の華錦 D=8 7,000ルクス

 ただしこの品種の問題点は大きくなると斑が抜けやすく、写真10のように無地個体に近くなり、最終的には無地になってしまう。そうなる前に斑模様の良い仔株を分離して育てていく必要がある。大きくなると斑が抜けやすいことから、仔吹がよくても繁殖には時間がかかりそうである。しかし耐陰性が非常に強く、かつ非常に美しいので、いずれ室内栽培用品種として宝草系や京の華錦系品種に代わり普及していくものと思われる。
写真10 恋乙女 D=11 5,000ルクス
写真10 恋乙女 D=11 5,000ルクス
 

☆コメントは承認後に公開されます。
☆品種等の質問はハオルシア協会会員に限定します。

Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Comments
  • ライブドアブログ